プロフィール

c.o.i

Author:c.o.i
よろしくお願いします^^。

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

Conversation with musician Motoharu Sano, who sings of his wandering generation

Conversation with musician Motoharu Sano, who sings of his wandering generation
ミュージシャンのMotoharu佐野との会話。(佐野は、彼の放浪している世代について歌います)。


Motoharu Sano kicks back in Hibiya Park, Tokyo, Aug. 8, 2008.
Motoharu佐野は2008年8月8日にPark、東京日比谷をけり入れます。
(Mainichi)
On a summer afternoon in Tokyo that was being mercilessly pelted by a downpour, I waited for Motoharu Sano in a room with a view of Hibiya Park.
大雨によって無慈悲に投げつけられていた東京の夏の午後に、私は日比谷Parkの眺めのいい部屋のMotoharu佐野を待ちました。
"Going outside after Moto's concerts, it seems that the city is always wet," wrote the author Yoko Ogawa.
作者のYoko小河は、「Motoのコンサートの後に戸外へ出て、都市がいつもぬれているように思えます。」と書きました。
The thunderstorm was so fierce it could wash away all feeling.
雷雨は、すべての感じを掃き捨てることができるようにとても激しかったです。


Sano's freshness has always been jolting.
佐野の新しさはいつも衝撃を与えています。
In an age when the collapse of the Cold War structure was looming, a financial bubble was burgeoning in Japan, and people's values were undergoing a transformation, Sano sought out venues to work on his music in such cities as New York, Los Angeles, Paris, and London, producing albums such as "Visitors" (1984), "Cafe Bohemia" (1986), and "A Day for Swimming with Napoleon Fish" (1989).
冷戦構造の崩壊が不気味に迫っていて、財政的な気泡が日本で急速に成長していて、人々の値が変化を受けていた時代に、佐野はニューヨーク、ロサンゼルス、パリのような都市で彼の音楽を扱う開催地とロンドンを捜し出しました、「訪問者」(1984)や、「カフェボヘミア」(1986)や、「ナポレオン金貨魚で泳ぐための1日」(1989)などのアルバムを製作して。


"I had the intention from my 20s of wanting to see the culturally advanced cities, so I wrote melodies and lyrics in those cities.
「文化的に高度な都市を見たいことについて私の20からの意志があったので、私はそれらの都市にメロディーと歌詞を書きました。」
What was needed was a journal's perspective.
必要であったものはジャーナルの見解でした。
What became the center of my interest was what the people who lived there thought as they went about their lives, so I began first with a sketch, and then expressed what I saw with my own eyes in the form of a poem," says Sano.
「私の利益のためのセンターになったことは、aが生きた彼らが自分達の人生に取り組んだとき考える人々、私が最初に始めたどんなそうについてスケッチするかということであり、次に、現に詩の形の私が見たものを言い表しました。」と、佐野は言います。


But 20 years have passed since there were so many youngsters who sang of love, and were turned on by the fresh portraits of society in his poems.
しかし、20年は、愛について歌ったとても多くの子供がいたので通って、彼の詩で社会の新鮮な肖像によってつけられました。


"The people who shared my journey in the '80s and '90s are today in positions to lead this country in various fields.
「今日、80年代と90年代に私の旅行を共有した人々は多岐のこの国を率いる立場にいます。」
And recently I've had more opportunities to meet such people.
そして、私には、最近、そのような人々に会うより多くの機会がありました。
For example, Yoshimasa Hayashi, the minister of defense, likes rock and roll, and has a band called the Giinzu.
例えば、Yoshimasa林(ディフェンスの大臣)は、ロックンロールが好きであり、Giinzuと呼ばれるバンドを持っています。
The other day he told me that they often listen to my music," says Sano.
「先日、彼は、彼らがしばしば私の音楽を聞くと私に言いました。」と、佐野は言います。


As someone who belongs to the margins of the generation that shared his journey, it was strange to hear a voice that I've heard constantly on CDs and the radio speaking right in front of me.
彼の旅行を共有した世代のマージンに属すだれかのように、私が私の正面でCDとラジオ話し右で絶えず聞いたのは、声を聞くために奇妙でした。
But in any case, I was oddly content that such times have arrived.
しかし、どのような場合でも、私は奇妙にも、そのような回が持っている内容が到着したということでした。


It is deeply moving.
それは深く動いています。
Though not sharing the passion or philosophy of the baby-boom generation, the generation which has grown up listening to Motoharu Sano's beat and lyrics in "Someday" and "Glass Generation" form a stratum that will begin to lead this country.
情熱か哲学を共有しませんが、ベビーブーム世代、Motoharu佐野のビートと「いつか」歌詞と「ガラス世代」が層を形成するのを聞きながら成長した世代では、それはこの国を率い始めるでしょう。


I wanted to meet Mr. Sano not out of sentimentalism or nostalgia, but because I read the following passage from Sano's book, "Beatniks, Coyote, Go to the Wasteland":
私は感傷主義かどんな郷愁からも佐野さんに会いたくはありませんでしたが、私が佐野の本から以下の節を読むので、「ビートニク(コヨーテ)は不毛地帯に行きます」:
"In this network society which is accelerating universally, those who dwell in civilization, myself included, have already begun to lose touch with the outside.
「一般に加速しているこのネットワーク社会では、自分を含んでいる文明で住んでいる人が外部から既に遠ざかり始めました。」
By outside I mean 'the place where we do fieldwork for our thoughts, and confirm life.' If that is the case, shouldn't we be searching for a new form of wandering?"
外部のそばでは、私が'私たちが私たちの考えのために実地調査を行って、人生を確認する場所'を言っています。「ケースであるIf、私たちは新しいフォームを歩き回ることを捜し求めることであるべきではありませんか?」


How will his message play to modern people, who cannot afford optimism in these end times, and are tormented by a sense of loss?
彼のメッセージはどのように近代人に演奏するでしょうか?(その近代人は、これらの終わりの時代に楽観主義を提供できないで、喪失感で苦しみます)。
What is the lost outside?
無くなっている外部は何ですか?
And the new wandering?
新しい歩き回ること--


"The hippie generation traveled away from stability and toward chaos.
「ヒッピー世代は安定性とカオスに向かった遠くに旅行しました。」
Their journey had a feeling of optimism that something good was waiting for them.
彼らの旅行には、何か良いものがそれらを待っていたという楽観主義感がありました。
There is a feeling of nostalgia accompanied by optimism in the music of the '60s.
60年代の音楽の楽観主義によって伴われた郷愁感があります。
When we can access all kinds of information via the Internet, we learn that we cannot be in a state of optimism.
インターネットを通してすべての種類の情報にアクセスできるとき、私たちは、楽観主義の状態にいるはずがないことを学びます。
But we do feel that there is the potential that something new will be born.
しかし、私たちは、新しい何かが生まれる可能性があると感じます。
The journey might be changing from one away from chaos and toward stability," says Sano.
「旅行はカオスと安定性に向かった1つ遠くから変化しているかもしれません。」と、佐野は言います。


The motif of "Coyote," the album that Sano released last year, is about wandering:
「コヨーテ」のモチーフ(佐野が昨年リリースしたアルバム)は歩き回るのに関するものです:
A man wanders through the wasteland of modernity to arrive eventually at the ocean, where he is spiritually awakened.
男性は、結局海洋に到着するように現代性の不毛地帯を通って歩き回ります。(そこでは、彼が霊的に目を覚まします)。


The rain stopped as if nothing had happened, and dusk descended on the greenery of the park.
まるで何も起こっていないかのように雨はあがりました、そして、夕暮れは公園の青葉を襲撃しました。
Sano says that the themes of poets and artists have not changed over the ages:
佐野は、詩人と芸術家のテーマが時代の上変化していないと言います:
"What is truth?
「真実は何ですか?」
What is love?
愛は何ですか?
What is beauty?
美は者ですか?
What is good?
何が良いですか?
...
I believe that from the time of Shakespeare, the things that artists are interested in have not changed all that much."
「私は、シェークスピアの時間から、芸術家が興味を持っているものがすべてのそれだけを変えるというわけではなかったと信じています。」


(Motoharu Sano is a musician who was born in Tokyo in 1956. He has had numerous hit songs including "Yong Bloods" and "The Bridge of Promises." He has held poetry readings and lectured at Rikkyo University in recent years.)
Motoharu佐野は1956年に東京で生まれたミュージシャンです。「ヤングBloods」と「約束の橋」を含む多数のヒットソングがありました。(彼は、近年詩の朗読を開催して、立教大学をしかりました。)


(By Kazuhiro Nozawa, Mainichi Shimbun)
(一浩ノザワによる毎日新聞)


(Mainichi Japan) September 1, 2008
(Mainichi日本) 2008年9月1日

スポンサーサイト
【 2008/09/09 16:14 】

佐野元春  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。