プロフィール

c.o.i

Author:c.o.i
よろしくお願いします^^。

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

The Todd Rundgren Interview 07/09/2010



A couple of months ago I wrote this when I heard the news that Todd Rundgren was coming to town.
2、3カ月前にトッド・ラングレンが町に来る予定であったというニュースを聞いたとき、私は、これを書きました。
(You'll be able to go back to that post for some background context).
(あなたは何らかのバックグラウンド文脈のためにそのポストに戻ることができるでしょう。)
Flash forward a month or so from when I wrote that and I'm actually speaking on the phone to Rundgren.
私がそれを書いて、実際にラングレンと電話で話している時から約1カ月、急に早送りになってください。
A keen talker.
鋭い話し手。



"The Robert Johnson thing," Rundgren tells me, as soon as we're connected and have said hello, "is really a chance for me to pay my respects to the era that influenced me, which is not," and there's a chortle here to pre-sell his point, "Robert Johnson - but rather the British bands that were influenced by Robert Johnson.
私たちが、接続されていて、こんにちはと言うとすぐに、「ロバート・ジョンソンもの」はラングレンが、私に言う「本当に私が私に影響を及ぼして、そうしない時代まで敬意を表する機会です」、そして、彼のポイント、「ロバート・ジョンソン、むしろロバート・ジョンソンによって影響を及ぼされたイギリスのバンドだけ」を前売りするために、うれしそうな笑いがここにあります。
My guitar heroes are Eric Clapton and Jeff Beck and people like that - so I've tried to make an album of Robert Johnson covers that, well, while not totally faithful for blues purists, is faithful for people, like me, that grew up with the 60s and the electric blues-rock versions of Johnson's songs."
「私のギター英雄は、そのようにエリック・クラプトンと、ジェフベックと人々です--したがって、私はブルース純粋主義者にはよく完全に忠実であるというわけではない、しかし、私のような60年代とジョンソンの歌の電気ブルースロックバージョンで成長した人々にとって、忠実なロバート・ジョンソンカバーのアルバムを作ろうとしました。」


Rundgren, ever the idiosyncratic performer and project-selector, says that it is mostly about fun, about "cranking the guitar again" and about indulging himself as well as presenting material for an audience.
ラングレン(かつて特有のパフォーマーとプロジェクトセレクタ)は、それが聴衆のために「再びギターを始動させます」と自分を満足させて、材料を寄贈することに関してほとんどほとんどおもしろいと言います。
"It's something I can do - I can play the guitar, you know, in this sense, I can - hopefully - play these songs on electric guitar.
「それは私が希望をいだいてできる(私がギターを弾くことができます、とあなたは知って、この意味で、私はそうすることができます)ことです--エレキギターでこれらの歌を演奏してください。」
Eric Clapton has basically cornered the market and created a sideline career for himself doing acoustic versions of Johnson songs, doing the authentic tribute - well I can't do that.
エリック・クラプトンは、ジョンソンの歌の音のバージョンをしながら、基本的に市場を買い占めて、自分のために側線キャリアを引き起こしました、正統の捧げ物をして--さて、私はそれができません。
But I can play these songs the way I want to.
しかし、私はそうしたいと思う方法でこれらの歌を演奏できます。
And that's been fun."
「そして、それはおもしろいです。」


Doing things the way he wants - that could basically be Rundgren's motto/ethos.
彼が欲しい方法でことをします--それは基本的にラングレンのモットー/エトスであるかもしれません。


It is rewarding, though, he says, "to have material that the audience is familiar with".
彼は、「聴衆が詳しい材料を持つ」ために言いますが、それは報酬を与えています。
He pauses and then almost shouts out a laugh, adding, "because I'm not exactly known for my hits!"
彼が止まって、次に、笑い、付加をほとんど大声で言う、「私が自分のヒットでまさに知られていない、!」
He says the show, Todd Rundgren's Johnson, gives people a chance to enjoy his versions of the Robert Johnson material and "of course we go back and look at some of the things from my career, revisiting my earliest work with Nazz - we do a great new version of the song Kiddie Boy, one of my earliest tunes [click here to hear the original] and we go all the way forward to [2008's] Arena with a version of Weakness.
彼は、ショー(トッド・ラングレンのジョンソン)が彼のロバート・ジョンソンの材料のバージョンを楽しむ機会、「私たちは、もちろん、私のキャリアからいくつかのものを戻って、見ます、Nazzとの最も早い仕事を再考して--私たちは歌のKiddie Boyのすばらしい新しいバージョン、私の最も前の旋律の1つをします、そして、[ここをクリックして、オリジナルを聞いてください]Weaknessのバージョンと共に[2008]のアリーナにはるばる進んでいること」を人々に与えると言います。
So, it's something for everyone - hopefully..."
「したがって、それは希望をいだいて皆のための何かです」…


Rundgren agrees that Arena was very much a return to the guitar, for him, and in that sense it paved the way for Todd Rundgren's Johnson.
ラングレンは、アリーナがたいへん彼のためのギターへの返上であり、その意味で、トッド・ラングレンのジョンソンへ道を開いたのに同意します。


"I'm a guitar player, really, I mean first and foremost - I grew up with all that great 1960s music, in terms of growing up, becoming a musician, so it's like first-love stuff, I'm always going to go back to it."
「ギタリストです、と本当に、私はまず第一に言っています--私はそんなにすばらしい1960年代の音楽で成長しました、成長することに関して、ミュージシャンになってしたがって、それは初恋ものに似て、私はいつもがんばり返すつもりです。」


Rundgren is proud of what he calls his "unusual career".
ラングレンは彼が彼の「珍しいキャリア」と呼ぶことを誇りに思っています。
He was raised on classical and light contemporary music - "my father was not really into popular music, I had to learn about that for myself" - and says that his twists and turns, his "unusual career", come from being interested in the music rather than the fame.
彼は、「私の父が本当にポピュラーミュージックに興味を持っていませんでした、と私はそれに関して自分で学ばなければならなかった」という古典的で軽い現代音楽で上げられて、彼の「珍しいキャリア」という彼の紆余曲折が名声よりむしろ音楽に関心があるのから来ると言います。


"The Nazz survived for 18 months - that was my first taste of fame on some level and of the overall experience of being in a band.
「Nazzは18カ月(私の何らかのレベルにおける名声とバンドにはある総合的な経験の最初の趣味であった)生き残りました。」
There are good and bad aspects and I got to taste some of both and, well, it's not as much fun as what you see in A Hard Day's Night, let me just say that" - and there's an almost exaggerated burst of laughter to back up (and mock) the point he's making.
「善悪の局面があります、そして、私はお好みにより両方のいくつかを得ました、そして、さて、それはあなたがア・ハード・デイズ・ナイトで見るものと同じくらい多くの楽しみではありません、そして、それをただ言わせてください」--そして、彼が指摘しているポイントのバックアップをとる(馬鹿にする)ために、笑いのほとんど大袈裟な炸裂があります。


"I realised, very early on, that I liked being in the studio and making records and really I took a job working as an engineer so that I could - first of all - make some money and secondly so that I could learn some tricks to go back and make my own records.
「わかる、技術者としてそのように、そのIを扱いながらスタジオと作成記録に本当に、私が就職したということであることを好かれたIがそうすることができた早くから間のまさしくそのI--まず、いくらかのお金と第二に私がいくつか学ぶことができたそうをトリックにして、戻って、私自身の記録を作ってください。」
And that has continued for me - to this day.
そして、それは私のためにこの日まで続きました。
I'll field calls and do production work and then I'll get bored of that after a while and decide to pick up my guitar again or to write some songs at the piano."
「私が呼び出しをさばいて、生産仕事をするつもりであり、次に、私は、しばらくして、その退屈であり、再び私のギターを拾うか、またはピアノのいくつかの歌を書くと決めるつもりです。」


Rundgren says he's proud of his time behind the console - going back to his earliest work as a studio-hand.
スタジオ手として彼の最も早い仕事に戻って、ラングレンは、彼がコンソールの後ろで時間を誇りに思っていると言います。
"It was the best education, I mean working on records by people like Ian & Sylvia and James Cotton, I mean you just don't forget it - and there's something you take away from each record."
「つまりイアン・シルヴィアとJames Cottonのような人々で記録に取り組んで、私は、あなたがただそれを忘れないと言っています--それは最も良い教育でした、そして、何かあなたが各記録から持ち去るものがあります。」


But it wasn't long before the hunger to record himself was created ("I was making a healthy living - but I wanted to make my own records!") and thus, Something/Anything, Rundgren's early masterwork, was born.
しかし、その結果、自分を記録する飢餓が作成されるまで(「健康な生活をしていましたが、私は私自身の記録を作りたかったです!」)、長くかかりませんでした、/何(ラングレンの早めの傑作)でも生まれたSomething。


"Really, I hid in the studio because I loved it.
「それがとても好きであったので、本当に、私はスタジオに隠れました。」
And that was why Something/Anything took the shape that it did.
そして、それはなぜSomething/であったか。何でもそれがそうする形で取りました。
You realise that there are certain aspects relating to fame, due to making music, which you just don't want to deal with.
あなたは、名声に関連しているある一定の局面があるとわかります、あなたがただ対処したくない音楽を作るため。
Well, I did anyway.
さて、私はとにかくそうしました。
For me, the celebrity aspects of making music were never as important as the actual work.
私にとって、愛の音楽を合奏する有名人の局面は実仕事ほど決して重要ではありませんでした。
And so I often buried myself in the work, in the studio..."
「そして、したがって、私は仕事、スタジオにしばしば自分を埋葬しました」…


The studio was the place where Rundgren discovered himself.
スタジオは、ラングレンが自分を発見した場所でした。
And he says he realised that he wanted to work as a solo artist more often than being part of a band.
そして、彼は、彼がソロの芸術家としてバンドの一部よりしばしば働きたがっているとわかったと言います。
"You are your own slave-driver as a solo act - that's a good thing, by the way.
「方法によってあなたはソロの行為(良いものである)としてあなた自身の奴隷監督者です。」
The difficult part can be getting the process started."
「難しい部分は過程を開始させることができます。」


And when that process gets difficult, Rundgren has his production work and session work to return to.
そして、その過程が難しくなるとき、ラングレンには戻る彼の生産仕事とセッション仕事があります。
Recording backing vocals for Celine Dion, playing guitar for Meat Loaf - it is all, in a sense, "work", rewarding because it provides money;
--Meat Loafのためにギターを弾いて、セリーヌ・ディオンのためにバックのボーカルを記録して、それはある意味ですべて「仕事」です、お金を提供するので報酬を与えて
rewarding because it leads to ideas explored in future solo work.
考えに通じるので、報酬を与えるのは、これから、ソロ活動について調査しました。


Of his time as one of the people at the helm of Bat Out of Hell, one of the most successful rock albums of all time, Rundgren laughs when he tells me "the best thing about that album was that you had three egos - three huge egos - in me, [Jim] Steinman and Meat".
史上で最もうまくいっているロックアルバムの1つ、HellのBat Outの舵を取っている人々のひとりとしての彼の時間では、「そのアルバムの周りの最も良いものは、あなたには3つの自我(3つの巨大な自我)が私、[ジム]スタインマン、およびMeatにあったということでした」と、彼が私に言うとき、ラングレンは、笑います。
There's the perfect pause, and then, "of course that was also the worst thing about that record - and you can still hear that today - the best and worst".
次に、完全なくぎりと、「もちろん、また、それはその記録の周りの最も悪いものでした、そして、あなたはまだその今日、最もよく、最もひどく聞くことができること」。


"None of us thought it would be a success - it was such a crazy idea, as the record unfolded.
「私たちのだれでも、それが成功でないと思いました--記録が開いたとき、それはそのように気が狂った考えでした。」
I mean, can you believe we just wanted to get it done?
つまり、あなたは、私たちがそれをただ完了させたかったと信じることができますか?
We just wanted to hand it in - to have it finished."
「私たちはただそれを提出したかったです--それを終えさせるために。」


And there Rundgren explains away one of rock's most deliberately over the top rock pantomimes as being, basically, a homework assignment that got out of hand and was finished just before deadline.
そして、そこでは、ラングレンが最も故意に基本的に手に負えなくなって、締め切りのすぐ前に終わった宿題課題であるとしてトップ岩石のパントマイムで岩石について1についてうまく釈明します。


Cue discussion of Meat Loaf as "a huge personality".
「巨大な個性」としてMeat Loafの議論に合図してください。
Cue me mentioning that Meat Loaf yelled at me for about 20 minutes earlier this year when he felt a bit threatened and I hadn't heard his new album even though he knew that.
彼が、少し脅かされると感じたとき、Meat Loafが今年約20分前のために私で叫んで、彼がそれを知りましたが、私が彼の新しいアルバムを聞いていなかったと言及して、私に合図してください。
Cue Rundgren screaming with laughter and saying, "well that's great - it's good to know I am not the only one who has been yelled at by him!"
笑い転げて、「さて、それはすばらしいです--私が、彼によって叫ばれた唯一の人でないことを知るのは、良いです!」と言うラングレンに合図してください。


Then there was XTC's Skylarking;
次に、XTCのSkylarkingがありました。
an album that is often mentioned in discussions of Rundgren's behind-the-scenes work.
ラングレンの舞台裏の仕事の議論でしばしば参照されるアルバム。
スポンサーサイト
【 2010/11/03 23:29 】

todd rundgren  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

Everybody’s Going To Heaven / King Kong Reggae

I remember, I remember
私は、覚えているのを覚えています。

What life was like in the yard
人生がヤードで似ていたこと

'Cause you can't ever think about dying
あなたが、死ぬと考えることができないので

And it just makes a person get hard
そして、それによって、人はただ困難になります。


I keep wondering if my friends feel like I do
私は私の友人が、私がする気がするかどうかと思い続けます。

I don't know how someone could stand it
私は、だれかがどうしたらそれに耐えることができたかを知りません。

To go through what I'm now going through
通りながら私が現在の者であることを通るために


So every night we party
毎晩私たちがパーティーへ行って

And every night we get too high
そして、毎晩、私たちは、高くなり過ぎます。

And I put myself so close to death
そして、私はあまりに近くで自分を殺します。

'Til I think that I ain't gonna die
私が、死ぬつもりでないと思うまで


And I realize just a little
そして、私はほんの少しわかります。

Why sometimes I like to feel like dirt
時々私が土が欲しいのが好きである理由

It's the only thing in this day and age
それは現代では唯一のものです。

That can make me feel close to the earth
それは私に地球に近く感じさせることができます。


But if I ever get to heaven
しかし、私であれば、天国に着いてください。

If I ever reach that door
私がそのドアに達するなら

I will listen why I had to go through this life
私はこの人生で通らなければならなかった理由を聴くつもりです。

Why they just couldn't take me before
彼らが以前ただ私を連れて行くことができなかった理由


But everybody's going to Heaven
しかし、みんなはあの世に行く予定です。

'Cause already we've all been through Hell
既に、私たちが皆、Hellを通していたので


We're gonna laugh all night and cry all day
私たちは、夜通し、笑って、一日中泣くつもりです。

Watch the big monkey do the King Kong Reggae
大きい猿がキングコングReggaeをするのを見てください。

A Cadillac and a Chevrolet
キャデラックとシボレー

Watch the big monkey do the King Kong Reggae
大きい猿がキングコングReggaeをするのを見てください。

The president of the U. S. A.
U.S.Aの社長。

Watch the big monkey do the King Kong Reggae
大きい猿がキングコングReggaeをするのを見てください。

Everybody fall down on your knees and pray
みんなは、ひざまずいて落ちて、祈ります。

Here comes that big monkey doing the King Kong Reggae
キングコングReggaeをするその大きい猿が、来ました。
【 2010/08/28 08:40 】

todd rundgren  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Todd Rundgren - I Saw The Light

It was late last night
昨夜、遅かったです。

I was feeling something wasn't right
私は、ものが何か正しくないと感じていました。

There was not another soul in sight
別の精神が見えていませんでした。

Only you, only you
あなただけ、あなた

So we walked along,
それで、私たちはずっと歩きました。

though I knew there was something wrong
私は、不具合があったのを知っていましたが

And a feeling hit me oh so strong about you
そして、感じが私を打った、おお、とてもあなたに関して強い

Then you gazed up at me and the answer was plain to see
次に、あなたは私をじっと見つめました、そして、答えは、見るために明瞭でした。

'Cause I saw the light in your eyes
私があなたの目で光を見たので


Though we had our fling
私たちは存分にやりましたが

I just never would suspect a thing
私はものを決して疑いません。

'Til that little bell began to ring in my head
その少量のベルが私の頭を迎え入れ始めるまで

In my head
私の頭で

But I tried to run,
しかし、私は走ろうとしました。

though I knew it wouldn't help me none
私は、それがなにもに私を助けないのを知っていましたが

'Cause I couldn't ever love no one, or so I said
私がだれも愛すことができなかったか、またはしたがって、私が言ったので

But my feelings for you
しかし、あなたに対する私の気持ち

were just something I never knew
私が決して知らなかったただことでした。

'Til I saw the light in your eyes
私があなたの目で光を見るまで


But I love you best
しかし、私はあなたを最もよく愛しています。

It's not something that I say in jest
私が冗談で言うのは、何かではありません。

'Cause you're different, girl, from all the rest
あなたは異なっています、 すべての残りからの少女

In my eyes
私の目で

And I ran out before but I won't do it anymore
そして、以前、なくなりましたが、私は、それ以上それをするつもりではありません。

Can't you see the light in my eyes
あなたは私の目で光を見ることができませんか?
【 2009/03/16 01:48 】

todd rundgren  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Arena

Mad
気が狂う


Crowded world
世界的では、集まります。

How can I find peace of mind
私はどうしたら心の平静を見つけることができますか?

With so many small agendas
とても多くの小さい議題で

Pushing at me all the time
絶えず、私を押します。

Button one:
ボタン1:
you knew I had no time today
あなたは、私には時間が全く今日なかったのを知っていました。

Button two:
ボタンtwo:
you had to push it anyway
あなたはとにかくそれを押さなければなりませんでした。

Button three:
ボタンthree:
then you went and did it again
次に、あなたは、行って、再びそれをしました。

So I counted to ten and right there and then
そのように、ちょうどあそこで10まで数えられたIとその時

You made me mad
あなたは私を気が狂うようにしました。

Now I'm mad
現在、私は気が狂っています。

This is more than upset
これは、よりひっくり返されています。

It's as enraged as I get
それは私が得るのと同じくらい激怒しています。

And you ain't seen me mad yet
そして、あなたは、私が気が狂っているのをまだ見ていません。

And now I'm mad
そして、現在、私は気が狂っています。

Crowded world
世界的では、集まります。

Where no quiet can be found
静けさを全く見つけることができないところ

But for little scattered spaces
小さい点在している空間がなければ

With invaders lurking round
ぐるりと潜んでいる侵略者と共に

Button one:
ボタン1:
I told you not to call me here
私は、ここで私に電話をしないようにあなたに言いました。

Button two:
ボタンtwo:
your voice is like a drill in my ear
あなたの声は私の耳のドリルに似ています。

Button three:
ボタンthree:
you never hang up on your own
あなたはあなた自身のに決してハングアップしません。

So get off the phone and leave me alone
電話を出してくださいといって、私を放っておいてください

Because I'm mad
私が気が狂っているので

At the end of my patience, and I have a lot
私の忍耐を終わらせてください。そうすれば、私はいろいろな事を持っています。

Don't know what makes you feel as if you're all I've got
知りません、ことはあなたに私がまるであなたがすべて、そうかのように得たと感じさせます。

Nothing better to think about, better to do
何でもないより考えないしないより良くない

Why does everything always have to be about you?
いつもすべてがなぜあなたに関するものでなければなりませんか?


Afraid
恐れる


It must feel pure to be so sure
とても確かであるのは純粋であると感じられるに違いありません。

About every little thing
あらゆるものに関してほとんどそうするというわけではありません。

But there's no cure for that angst of yours
しかし、あなたのその恐怖の療法が全くありません。

That tugs at you like a string
それはストリングのようにあなたをぐいと引きます。

Because you're afraid, afraid to know
あなたが知るのを恐れていて、恐れているので

To know the answer
答えを知るために

'Cause you're afraid that it will burn
'原因、あなたがそれが燃えるのを恐れている、'

You're afraid to learn
あなたは学ぶのを恐れています。

A nervous tic, you're being tricked
神経質なチックであり、あなたはだまされています。

By somebody else's god
他の誰かの神で

A little bit sick and a whole lot addicted
ほんの少し病気であって、非常に中毒です。

There's another crack in the facade
別のひびが正面にあります。

Because you're afraid, afraid to see
あなたが見るのを恐れていて、恐れているので

To see the reason
理由がわかるために

'Cause you're afraid the tide has turned
'原因、あなたが形勢が一変したのを恐れている、'

And you're afraid to learn
そして、あなたは学ぶのを恐れています。

Because you're afraid, afraid to hear
あなたが聞くのを恐れていて、恐れているので

To hear the accusations
罪名を聞くために

'Cause you're afraid of what you've earned
'原因、あなたが得たものを恐れている、'

You're afraid to learn
あなたは学ぶのを恐れています。

Why suffer for nothing?
なぜ無駄に苦しみますか?

Suffer for something
何かには、苦しんでください。


Mercenary
傭兵


Close your eyes and plug your ears and turn away
目をつぶってください、そして、耳をふさいでください、そして、顔を背けてください。

I will execute the task without dismay
私は驚愕なしでタスクを実行するつもりです。

Just leave upon the table what you've agreed to pay
テーブルにただ、あなたが支払うのに同意したものを残してください。

Then tell me
そして、私に教えてください。

How do you like me now?
私現在はいかがでしょうか?

How do you like me now?
私現在はいかがでしょうか?

I will do your dirty work
私はあなたの汚い仕事をするつもりです。

Tell me, how do you like me now?
私に教えてください、そして、私現在はいかがでしょうか?

Chances are you'll never hear again from me
多分、あなたは二度と私から連絡をいただかないでしょう。

Not my style to put my business on the street
私のビジネスを通りに置く私のスタイルでない

But you know where to find me and youalso know my fee
しかし、あなたは、どこで私とyoualsoが私の料金を知っているのがわかるかを知っています。

So tell me
私に教えてください

How do you like me now?
私現在はいかがでしょうか?

How do you like me now that I've
私は、持っているので、いかがですか?

Done your dirty work
あなたの汚い仕事をしました。

Tell me, how do you like me now?
私に教えてください、そして、私現在はいかがでしょうか?

I will lay a foe to waste
私は、むだになるように敵を横たえるつもりです。

For a grudge I've never had
私が一度も持ったことがない恨みのために

I will burn a field of grain
私は穀物畑を燃やすつもりです。

For a spite I've never had
私が一度も持ったことがない悪意のために

I will spoil the wealth of kings
私は王の富を損なうつもりです。

For a greed I'll never have
私が決して持つつもりでない欲張りのために

I will bring a nation down
私は国を破滅させるでしょう。

For a cause I'll never have
私が決して持つつもりでない原因のために


Gun



I like the noise and I like the smell
雑音のような私とにおいのような私

And where the lead ends up, what the hell
そして、リードが終わるか、いったい何

I've got a gun
私は銃を持っています。

So you be the robber and I'll be the cop
そのように、あなた、強盗になってください、そして、私は巡査になるでしょう。

Cowboy saloons where someone gets dropped
だれかが落とされるカウボーイサロン

GI Joe goin' over the top
先端を調べるG. I. ジョー

I don't much care as long as I pop pop pop my gun
私は私がポップスのポップスを飛び出させるのと同じくらい長い間、銃についてあまり気にかけません。

You better run
あなたは走るほうがよいです。

'Cause I'm young, dumb and I've got a gun
'原因Iは、若くて、馬鹿です、そして、私は銃を持っています'

Public idiot number one
公共の馬鹿ナンバーワン

'Cause I'm young, dumb and I've got a gun
'原因Iは、若くて、馬鹿です、そして、私は銃を持っています'

The constitution says that I'm so blessed
構成は、私がそう祝福されると言います。

That I can clean my piece on the supreme court steps
私は最高裁ステップのときに作品を掃除できます。

My pretty gun
私のきれいな銃

There's many like it, yeah but this one's mine
多くがそれに似ている、うんが、これは私のものです。

A good replacement for a lack of spine
背骨の不足との良い交換

When tribulation makes me need to unwind
私が、苦難で解く必要がある場合

And pierce the air like I'm in Palestine
そして、私がパレスチナにいるように空気を貫いてください。

Here's my gun
ここに、私の銃があります。

This is my rifle, this is my gun
私のライフル銃である、これは私の銃です。

This is for fighting and this is for fun
これは戦うものです、そして、楽しみのためのものです。

I hate to gush but I'm your biggest fan
噴出するのが嫌いですが、私はあなたの最大のファンです。

I really love the way you fit my hand
私は本当にあなたが私の手に合う方法が好きです。

You're with me always like a wedding band
あなたは私と共に結婚指輪にいつも似ています。

More than a friend to me, my true identity
私の友人、私の本当のアイデンティティ以上

You're smooth and hard and that's the way you stay
あなたは、滑らかであって、困難です、そして、それはあなたが滞在する方法です。

Bright and polished like a Chardonay
明るくChardonayのようにつやが出ます。

Fully loaded as a New Year's Day
元日として完全にロードされます。

With a round in the chamber
部屋でのラウンドで

A round in the chamber
部屋でのラウンド


Courage
勇気


It's good to be the king, I've heard it said
王であることが良い、私はそれが言われているのを聞きました。

That's why I let you put a crown on my head
それは私があなたに王冠を降りかかって置かせる理由です。

Hoping that I'll never be forced to fake
私がやむを得ず決して見せかけないことを望んでいます。

Actions that I'll never have to take
私が決して取る必要はない行動

I let you think I was a better man
私はあなたにより良い男性であったと思わせます。

With pretty words about how true I am
私がどれくらい本当であるかに関する美辞麗句で

Humbly pretending to be brave and strong
勇敢であって、強い謙遜してふりをします。

Inside I'm wondering, what if I'm wrong?
中では、私が不思議に思っていて、間違っていると、どうなるでしょうか?

Every once in a while you'll see
時々、あなたは見るでしょう。

Things are not what they seem to be
ものはそれらが思えるものではありません。

Like the moment you saw through me
あなたが最後まで私を助けた瞬間のように

Ah, but when push came to shove
プッシュが押すようになったときああ

I had lost the thing I love
私はとても好きであるものをなくしました。

When I lost the courage of my convictions
私が強い信念から出る勇気を失ったとき

I never let you see my doubting side
私はあなたに側を疑うのを決して見させません。

I've always felt there's things you can't confide
私は、いつもあなたが打ち明けることができないものがあると感じました。

I need to be what I need to be
私は、どんなIの必要性のことである必要があります。

However artificially
人工的にしかしながら、

And now I haven't got a thing to show
そして、今、私には、目立つものがありません。

For all the posing and the bravado
すべての姿勢と虚勢のために

You tested me and I had to fail
あなたは私をテストしました、そして、私は失敗しなければなりませんでした。

No longer am I a supermale
もう、私は超雄ではありません。

I was proud and I had to fall
私は誇りに思っていました、そして、転ばなければなりませんでした。

Now my image has grown so small
今、私のイメージはとても小さくなりました。

And to think that I had it all
そして、それを考えるために、私には、それのすべてがありました。

Ah, but when push came to shove
プッシュが押すようになったときああ

I had lost the thing I love
私はとても好きであるものをなくしました。

When I lost the courage of my convictions
私が強い信念から出る勇気を失ったとき

And I live in constant fear
そして、私は絶え間ない恐怖のうちに暮らします。

That I'll never have you here
私はあなたをここに決してお迎えするつもりではありません。

Til I find the courage of my convictions
私が強い信念から出る勇気を見つけるまで

Ah, but when push comes to shove
プッシュが押すようになるとああ

I will have the thing I love
私には、とても好きであるものがあるつもりです。

If I have the courage of my convictions
私が自己の所信を断行するなら

And your heart I would enslave
そして、私が奴隷にするあなたの心臓

And this whole world I would save
そして、私が救うこの全世界

If I have the courage of my convictions
私が自己の所信を断行するなら


Weakness
弱点


I don't keep a lot of secrets
私は多くの秘密を守りません。

But the ones I do will die with me
しかし、私がすることは私と共に死ぬでしょう。

It's not because I'm hiding something
私が何かを隠しているので、それはそうしていません。

A trusted friend I try to be
Aは、私がそうしようとする友人がいると信じました。

But when every adversary lies in wait to test me
しかし、すべての敵がいつ横たわるかが私をテストするのを待っています。

My world they would undo
彼らが元に戻す私の世界

And they'd break me down to nothing if they only knew
そして、彼らが知っているだけであるなら、私を無まで調教するでしょうに。

That you are my weakness, my weakness
あなたは私の弱点、私の弱点です。

You're my Achilles' Heel
あなたは私の弁慶の泣き所です。

The flame that melts the steel in my heart
私の心に鉄鋼を溶かす炎

I don't pretend to be objective
私は、客観的であるふりをしません。

I will always come down on your side
私はいつもあなたの側の上に落ちるでしょう。

But every time I see or hear or smell you
しかし、毎回、私は、あなたの会うか、聞くか、またはにおいをかぎます。

My bias grows more hard to hide
私の偏見は、より隠しにくいようになります。

And when the truth must be protected
そして、真実が保護しなければならないとき、保護されてください。

I find myself distracted
私は気付くとそらされています。

My duty I abuse
私が乱用する義務

And in the battle's clamor
そして、戦いのものでやかましく要求してください。

The flaw within my armor
私のよろいかぶとの中の欠点

Might shake the secret loose
力はゆるく秘密を震動させます。

There's no ties
結びつきが全くありません。

As far as anybody knows, no surprise
だれでも知っているのと同じくらい遠くに、いいえは驚かせます。

As far as anybody knows, you and I
だれでも知っている限りあなたと私

As far as anybody knows, have no ties
だれでも知っている限り、結びつきを全く持たないでください。

And as far as they know, my will is bulletproof
そして、彼らが知っている限り、私の意志は防弾です。

And I'd be no good to no one
そして、私はだれにもよくしていないでしょう。

If they knew the truth
彼らが真実を知っていたなら

That you are my weakness, my weakness
あなたは私の弱点、私の弱点です。

You are my Kryptonite
あなたは私のKryptoniteです。

The sun that shines a light on my soul
誓って光を照らす太陽


Strike
打撃


Gathering in the corner
角では集まること。

Trying to look discrete
離散的に見えようとします。

We been talking about this all night long
私たちは一晩中これに関して話すことです。

Now it's time to hit the streets
現在、もう街に出かけるべき時間です。

Are you ready to rumble?
あなたは鳴動する準備ができていますか?

Are you just gonna grumble?
あなたはまさしく不平がましく言う行くことですか?

You might take a tumble
あなたは下降線をたどるかもしれません。

But it's time to rumble
しかし、もう鳴動するべき時間です。

This is the reason you keep a dream alive
これはあなたが夢を生かす理由です。

Spread it round the underground
地下の周りでそれを広げてください。

The moment will soon arrive
瞬間はすぐ、来るでしょう。

Time to strike while the iron is hot
速戦即決でやる時間

No one received a message
だれもメッセージを受け取りませんでした。

Nobody has a plan
だれも考えがありません。

Everybody knows when the time is right
みんなは、時間がいつ正しいかを知っています。

To take a righteous stand
公正な態度を取るために

You spend a lifetime waiting for a sign
あなたはサインを待ちながら、生涯を過ごします。

Alert the press and place your bets
プレスを警告してください、そして、賭けを置いてください。

The planets will soon align
惑星はすぐ、並ぶでしょう。


Pissin


I didn't notice you there
私はそこであなたに通知しませんでした。

Til I felt your breath on my neck hair
私が私の首の髪の上であなたの息を感じるまで

Now you put me through my paces
今、あなたは私の腕前を試します。

You don't know what personal space is
あなたは、個人的なスペースが何であるかを知りません。

And not a soul in the room
そして、部屋の精神でない

seems to have your need to share
共有するあなたの必要性を持っているように思えます。

Did you ever stop to wonder
あなたは、今までに、不思議に思うために止まりましたか?

Does anybody care?
だれか気にかけますか?

Maybe the ladies are impressed
多分、女性は感動しています。

But I don't think so, let's be honest
しかし、私は、正直にしようとそのように思いません。

Why don't you give that thing a rest
そのものに休息を与えてくれませんか?

You're just a one-man pissin contest
あなたはただワンマンのpissinコンテストです。

This used to be a nice place
これは以前、良い場所でした。

And now your dick is in the mayonnaise
そして、現在、マヨネーズの中にあなたのdickがあります。

How does one vent one's sense of sickness
1つはどのように人の病気の感覚をもらいますか?

At skull and skin of such vast thickness?
そのような広大な厚さの頭蓋骨と皮膚で?

Of everybody at the party
パーティーのみんなについて

Your target had to be me
あなたの目標は私でなければなりませんでした。

I really hate to disappoint you
私は、あなたを失望させるのが本当に嫌いです。

But I ain't got the need
しかし、私には、必要がありません。

'Cause it's the thing you do the best
'原因、それがあなたが良くするものである、'

The kind of fight of which you're fondest
あなたは最も好きである戦いの種類

You wanna brag, well be my guest
ほらをふきたがっていて、よく私の客になってください。

You won a solo pissin contest
あなたはソロのpissinコンテストで優勝しました。

I think by now we know better
今ごろ、私たちはもっと分別があると思います。

You can't get blood from a bore
あなたは穴から血液を得ることができません。

We gonna find that stupid sucker
私たちは、その愚かな吸盤を見つけに行きます。

Who let you through the door
だれがドアにあなたを通しますか。

None of the ladies were impressed
女性のだれも感動しませんでした。

Our recollection may be jaundiced
私たちの回想は黄疸にかかられるかもしれません。

We all recall with special zest
私たちは皆、特別な熱意で思い出します。

We saw a solo pissin contest
私たちはソロのpissinコンテストを見ました。


Today
今日


Time to get up and face it
起きて、それに面する時間

Time to endure that aching
その痛みに耐える時間

Time, I must keep account of
時間、生活費が説明するI必須

Time, the exact amount of
時間、正確な量

My life you've entwined in the game that you've designed
あなたが設計したゲームでからませた私の人生

To waste my time, my precious time
私の時間、私の貴重な時間を浪費するように

All gone down the drain
無駄金になるすべて

Now it's time to break the chain
現在、もうチェーンを壊すべき時間です。

Today's the day
今日は日です。

Today's the day
今日は日です。

We settle our scores
私たちは仕返しをします。

Because tommorrow we're gonna wake up
私たちが行く予定であるtommorrowが目覚めるので

Even
同等

Time, there is no such thing as
調節してください、そして、そのようなものが全くありません。

Time, just the endless ring of
時間、まさしく無限のリング

Time after time of constant
繰り返し定数について

Time wasted wrestling with
時間はレスリングを浪費しました。

Something someone said that got glued inside your head
だれかがあなたの頭の中でそれでにかわで接いだと言った何か

Somewhere in time, in ancient time
時間、古代の時間でどこか

Hope the memory dies
メモリが消え失せるという望み

Then you finally realize
そして、あなたは最終的に気付きます。

Today's the day
今日は日です。

How many years must we continue
私たちは何年に続かなければなりませんか?

With bitter tears upon the menu?
つらい涙がメニューにある状態で?

The same old fears, a different venue
同じ古い恐怖、異なった開催地

Now it appears the stress will end you
今、圧力があなたを終わらせるように見えます。

Let's get it all out in the open
それは戸外で全面的になりましょう。

Somebody call and make it happen
だれかが、呼んで、それを起こらせます。

In the boardroom, on the backstreets
バックストリートの会議室で

Hugs and kisses, knives or axes
抱擁とキスか、ナイフか軸

Why not here, why not now?
なぜ、ここで現在、なぜ?

Why not here, why not now?
なぜ、ここで現在、なぜ?

Why not today?
今日、なぜ?


Bardo


It's been easy until now
それは現在まで簡単です。

But you'll likely question how
しかし、あなたはおそらくその方法に質問するでしょう。

You have traveled far, it's true
あなたは遠くに旅行して、それは本当です。

But there's much more left to do
しかし、するずっと多くの左があります。

For it's time to pay the toll
料金を支払うそれの時に

And we never know the sum of what we owe
そして、私たちは私たちが負っていることに関する合計を決して知りません。

You can't go back from where you came
あなたは来たところから戻ることができません。

You must move on and face the flame
あなたは、移動して、炎に面していなければなりません。

Of the last bardo
最後のbardoについて

You can pray unto your god
あなたは神に祈ることができます。

But your prayers will bring you naught
しかし、あなたの祈りはゼロをあなたにもたらすでしょう。

For in here you bear the scar
ここでのあなたが傷跡に耐えるコネのために

Of exactly what you are
あなたがまさに者であるのについて

It matters not what you believe
それ、あなたが信じていることではなく、件

And it matters even less what you think you know
そして、それほど、何をあなたが、考える知っているかは重要になりさえしません。

So put on your little show
小さいショーを置いてください

But no further will you go
しかし、いいえはさらにあなたに碁を望んでいます。

Til you pass the last bardo
あなたが最後のbardoを渡すまで

You will surrender all you hide
あなたは隠すすべてを明け渡すでしょう。

And be cleansed and purified
そして、洗われて浄化されてください。

And of you burden you'll be free
あなたがそうする負担、自由であってください。

If it takes eternity in the last bardo
それが最後のbardoで永遠を取るなら


Mountaintop
山頂


Well, the old man called me to his dying bed
さて、老人は私を彼の死にかかっているベッドに電話をしました。

There's only one thing in this world I like to see, he said
彼は、この世で私が見るのが好きである1つのものしかないと言いました。

I tried so many times but I've never done it
あまりに何回も試みましたが、私はそれを一度もしたことがありません。

Often made the climb but never reached the summit
しばしば上昇を作りますが、決して登頂に成功しません。

So I could look down on this pissant little town
私がこの大酒飲み小さな町を軽蔑できたように

I took one step
私はワンステップを取りました。

And another step
そして、もう1ステップ

But I could not reach that mountaintop
しかし、私はその山頂に着くことができませんでした。

I couldn't reach the mountaintop
私は山頂に着くことができませんでした。

So I picked him up and put him on my back
私が彼を迎えに行って、あおむけに彼を置いて

And strapped him in just like a hiking pack
そして、まさしく同様のaハイキングパックの縛られた彼

I took off up the hill at a steady pace
私は丘で一様の速度で立ち去りました。

I said:
私は言いました:
don't die on me now, we're gonna win this race
今私の上で死なないでください、そして、私たちはこのレースに勝つつもりです。

So we can look down on this pissant little town
私たちがこの大酒飲み小さな町を軽蔑できるように

I'll take one step
私はワンステップを取るつもりです。

And another step
そして、もう1ステップ

Til I reach that mountaintop
私がその山頂に着くまで

I'm gonna reach the mountaintop
私は山頂に着くでしょう。


Panic
パニック


You like to push the envelope
あなたは、限界に挑むのが好きです。

If you're gonna stick out your neck
あなたが首をつき出すなら

Everybody's sure to give you plenty of rope
みんなは確実に多くのロープをあなたに与えます。

So who am I to object?
それで、私は反対する、だれですか?

Don't know what it means to fail
知りません、それが失敗することを意味すること

You like walking along the edge
あなたは、縁に沿って歩くのが好きです。

Feel like you got a guardian angel
守護天使を得た気がしてください。

Follows you around the ledge
でっぱりの周りであなたに続きます。

Everything's a different size
すべてが異なったサイズです。

When you're totally adrenalized
あなたが完全にadrenalizedされる場合

It's a very thin line
それは非常に薄い線です。

The room is on fire but it
部屋が炎にもかかわらず、それにあります。

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

And the floods rise higher but it
そして、しかし、より高く洪水が上昇する、それ

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。

You lost you're voice but it
あなた方迷子になったあなたは、声にもかかわらず、それです。

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

And you got no choice so it
そして、あなたが特選しているそうを得たというわけではない、それ

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。

Yea it's a very thin line
賛成、それは非常に薄い線です。

It don't take much to lose it
それを失うのに多くを要しません。

One moment everything is going just fine
すべてが問題なく行く1つの瞬間

Then something takes your head and screws it
次に、何かが、あなたの頭を連れて行って、それをねじでとめます。

You can never lose your cool
あなたは決して冷静さを失わない場合があります。

Though you've got no course of action
あなたには、行動が全くありませんが

You may just wind up looking like a fool
あなたは結局、ただ馬鹿に似ることができます。

Or some other social infraction
または、ある他の社会的な違反

Everyone expects to be
皆は、予想します。

At a level of anxiety
心配のレベルで

It's a very thin line
それは非常に薄い線です。

You're in a strange town but it
あなたは奇妙な町にもかかわらず、それにいます。

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

And the power goes down but it
そして、パワーはそれだけを下ります。

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。

The zombies awake but it
しかし、ゾンビが目覚める、それ

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

And the earh is aquake but it
そして、earhはaquakeにもかかわらず、それです。

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。

Yea, the wings fall off but it
翼はそれだけから賛成して、落ちます。

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

And your boner goes soft but it
そして、しかし、あなたのへまがたるむ、それ

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。

All the liquor's gone but it
しかし、すべての酒がどんどんやられました。

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

The bars closed at one but it
バーは1時にそれだけを閉じました。

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。

We all think we'll do what's right
私たちは皆、私たちが正しいことをするつもりであると思います。

Though we're half as high as Franklin's kite
私たちはフランクリンの凧と半分同じくらい高いのですが

When it all comes down to fight or flight
すべてがいつ戦うために下りるか、そして、飛行

It's a very thin line
それは非常に薄い線です。

Yea, the wheels just spin but it
ホイールはそれだけを賛成して、ただ回転させます。

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

And the roof caves in but it
そして、屋根はそれだけをつぶれさせます。

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。

And you just made a stinky
そして、あなたはただaを悪臭があるようにしました。

Won't help to panic
慌てるのを助けないでしょう。

Then you cut off your pinky
そして、あなたはpinkyを断ち切りました。

Don't help to panic
慌てるのを助けないでください。


Manup


There's a cloud in the distance
雲が遠くにあります。

Rising from the dunes
砂丘から上昇すること。

Ten thousand riders
1万人の乗り手

Blaze a trail of ruins
跡の道を先駆してください。

No doubt about it
それに関する疑問がありません。

They're headed this way
それらはこのように率いられます。

Who will protect us on a judgement day?
だれが裁きの日に私たちを保護するでしょうか?

Some are unready, some are unwilling
或るものが準備ができていない、或るものは不本意です。

Hiding amongst the women and children
女性と子供では隠れること。

Rousing the rabble from under the bed
下から野次馬を目覚めさせるのは、ベッドです。

I'm calling you by name to bite the bullet
私は、歯を食いしばって耐えるように名前であなたを呼んでいます。

Manup

We didn't want no trouble
私たちは、問題が全く欲しいと思いませんでした。

But trouble's what we have
しかし、問題は私たちが持っているものです。

You call it paranoia
あなたは、それをパラノイアと呼びます。

And have yourself a laugh
そして、自分で笑いを持ってください。

And avoid the confrontation
そして、対立を避けてください。

Until some other year
ある他の年まで

Somebody call the boys cause there's no men in here
少年がそこで引き起こすだれか呼び出しはここで男性ではありません。

Some are unready, some are unwilling
或るものが準備ができていない、或るものは不本意です。

Some are still able but ain't got the feeling
或るものは、まだできていますが、感じをつかんでいません。

Talking real loud at the back of the crowd
全く大声で、群衆の後部に、話し合います。

I'm calling you by name to bite the bullet
私は、歯を食いしばって耐えるように名前であなたを呼んでいます。

Manup

Listen to me my friend
私への私の友人を聴いてください。

What you will not defend
あなたが防御しないこと

Somebody else will end up takin'
他の誰かが結局、取るでしょう。

And when the famine comes
飢饉は来ます。

You think they'll just give you some
あなたは、彼らがただいくつかをあなたに与えると思います。

But if you believe that
しかし、それを信じてください。

You're mistaken
あなたは間違えています。


【 2008/09/28 07:29 】

todd rundgren  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

Todd Rundgrenの新譜 「Arena」より Todd Rundgren Courage House of Blues 06/29/08


ジャケット写真見て
幾らなんでもこれはないんじゃないか
今回のアルバムはパスしようかなと
思いましたが
この曲はいい。
トッドがギターロックやったら
いかにもこんなふうになりそうな
みたいな曲。
Open My Eyesも下に載せときます。

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

【 2008/07/03 07:53 】

todd rundgren  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Todd Rundgren - Future


自分は長年来のトッド・ラングレンのファンだが、
この曲はアルバムの中でも
それほど印象に残っていない曲だった。
このビデオを見てから改めて好きになった。
よくできた優秀なビデオだと思う。
アルバムの中ではPastと対になっている。
あの曲もまた優れた名バラードなのだが。
ニューアルバムは7月発売予定で
今から待ち遠しいが
まだできていない、とのことなので、
実際はもうちょっと待たされるかもしれない。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【 2008/05/15 07:31 】

todd rundgren  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。