プロフィール

c.o.i

Author:c.o.i
よろしくお願いします^^。

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

Miles Davis

マイルス・デイヴィス
Miles Davis

出典: フリー百科事典
Source: Free encyclopedia
『ウィキペディア(Wikipedia)』
'Wikipedia (Wikipedia)'

移動: ナビゲーション
Movement: Navigation
,
検索
Retrieval

Miles Davis


マイルス・デイヴィス
Miles Davis
(1984)

基本情報
Essential information

出生名
Birth name
Miles Dewey Davis III

出生日・地
Birth day and ground
1926年5月26日
May 26, 1926

イリノイ州オールトン
Alton, Illinois

死没日・地
Death day and ground
1991年9月28日
September 28, 1991
(満65歳没)
(full 65-years old death)

ニューヨーク州ニューヨーク
New York, New York

ジャンル
Genre
ジャズ
Jazz
,
フュージョン
Fusion

職業
Occupation
バンドリーダー
Leader of band
,
作曲家
Composer

担当楽器
Charge musical instruments
トランペット
Trumpet
,
フリューゲルホーン
Fluegel horn
,
オルガン
Organ

活動期間
Active period
1944-1991

レーベル
Label
プレスティッジ・レコード
Prestige record

コロムビア・レコード
Nippon Columbia Co., Ltd. record

ワーナー・ブラザーズ
Warner Brothers
(現ワーナー・ミュージック・グループ)
(present Warner music group)

公式サイト
Official site
http://www.milesdavis.com/

マイルス・デイヴィス(Miles Davis, 1926年5月26日
Miles Davis (Miles Davis and May 26, 1926
-
1991年9月28日)は、ジャズのトランペット奏者。
September..jazz..trumpeter.
通称「帝王」。
Alias "Emperor".
アルバム『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』などで知られる、モダン・ジャズの旗手。
Standard-bearer of modern jazz known by album 'Caind Ob blue' and 'Bitchez Bru', etc.
クール・ジャズ
Cool jazz

ハード・バップ
Hard bop

モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引してきた。
A variety of music characters are shown according to the age such as the mode jazz, the Electric jazz, and fusion, and the jazz field has been pulled.


目次
Contents
[非表示]
1 来歴
1 Career

1.1 出生~1940年代
1.1 The 1940's birth-

1.2 1950年代
1.2 The 1950's

1.3 1960年代
1.3 The 1960's

1.4 1970年代
1.4 The 1970's

1.5 1980年代以降
1.5 After the 1980's

2 音楽性
2 Music character

3 人物
Three person thing

4 バンド・メンバーの変遷
4 The band member's transition

5 ディスコグラフィ
5 Discography

5.1 Capitol

5.2 Blue note

5.3 Prestige

5.4 CBS

5.5 Warner Bros.

5.6 映画音楽
5.6 Film music

6 関連項目
6 Item related to

7 外部リンク
7 External link




[編集] 来歴
[ Edit ] Career


[編集] 出生~1940年代
[ Edit ] The 1940's birth-

アメリカのイリノイ州アルトン生まれ。
Illinois state Alton birth of the United States.
翌年にイーストセントルイスへ転居。
It will remove to East St. Louis next year.
父は歯科医であったため、マイルス自身は他のジャズプレイヤーよりとても裕福な環境で育った。
Miles grew up in an environment that was much more affluent than other jazz players because father was dentist.
母は音楽の教師をしており、その影響で10代の頃からトランペットに興味を持ち演奏練習をしていた。
Mother was the teacher of music, and had been doing the interesting performance practice to the trumpet by the influence since one's teens.
高校時代に地元ではジャズバンドを結成、セントルイスでは大人とのバンドで活躍していた。
The jazz band was formed at high school days in local, and St. Louis was taking an active part in the band with the adult.
当時のセントルイスにはアフリカ系アメリカ人の労働者の居住区が多く、ジャズライブが定期的に行われていた。
A lot of residence districts of the worker of African American were located in St. Louis at that time and live jazz was done regularly.
そのためマイルスは多数のジャズプレイヤーを見て学んでいた。
Therefore, Miles saw a lot of jazz players and was learning.


18歳のある日にマイルスは、セントルイスにチャーリー・パーカーが演奏しに来たとき偶然にもチャーリーとの演奏を果たした。
When coming to St. Louis so that Charlie Parker may perform, Miles accomplished the performance with Charlie by chance on the day of 18 years old at the time of which being.
彼はその後直ぐにニューヨークに出てジュリアード音楽院に入学。
He goes out to New York immediately afterwards and enters Julliard School of Music.
後チャーリーのバンドに加わる事となった。
It joined post-Charlie's band.
1947年には、チャーリーやマックス・ローチのサポートを得て、初のリーダー・セッションを行う。
The support of Charlie and the max roach is obtained, and the first leader session is done in 1947.


チャーリーの元でのビバップからキャリアは始まったが、マイルスは新たな可能性を求め、1948年に編曲家のギル・エヴァンスと出会う。
Miles meets arrangement person's Gill Evans for a new possibility in 1948 though the career started from bebop in Charlie's origin.
ギルの協力を得て、ウェスト・コースト・ジャズの影響を受けた『クールの誕生』を制作。
Gill's cooperation is received, and 'Birth of cool' that receives waist Coast and the jazz influence is produced.
その後もギルとは度々共同制作を行う。
It frequently produces jointly with Gill afterwards.



[編集] 1950年代
[ Edit ] The 1950's

1950年代に入ると、アート・ブレイキーなどと共演するが、麻薬の問題で演奏活動から遠ざかる。
It goes away from the performance activity about the problem of the drug though art Blakey etc. co-star when entering the 1950's.
しかしマイルスは立ち直り、1953年プレスティッジ・レコードから発表した『ウォーキン』以降、ハード・バップの旗手として活躍。
However, Miles recovers, and takes an active part as a standard-bearer of hard bop since 'War Kin' of the announcement from the Prestige record in 1953.
1954年12月24日にはセロニアス・モンクと共演するが、両者は音楽に対する考え方が相容れず、この共演は俗に「喧嘩セッション」と呼ばれる。
The attitude to music doesn't put the aspect in both though it co-stars with Seronias Monk on December 24, 1954, and this co-starring is called "Fight session" commonly.


1955年、ジョン・コルトレーン
John Coltrane in 1955

レッド・ガーランド
Red Garland

ポール・チェンバース
Paul Chambers

フィリー・ジョー・ジョーンズのメンバーで、第一期クインテットを結成。
The stage the first in Fire Joe Jones's member quintet is formed.
同年、ニューポート・ジャズフェスティバルにおいて、チャーリー・パーカーの追悼のためのオールスター・バンドに参加。
It participates in the all-star band for mourn of Charlie Parker in Newport Jazz Festival in the same year.
このときの演奏がきっかけとなりコロムビア・レコードと契約。
Nippon Columbia Co., Ltd. record and it contracts becoming of the performance at this time the chance.
1956年に移籍第一作『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』発表。
It announces the first transfering the register work 'Round about midnight' in 1956.
その一方で、プレスティッジとの間に残された契約を済ませるために、アルバム4枚分のレコーディングをたった2日間で行った。
To finish the contract left between Prestige on the other hand, as many as four albums were recorded in only two days.
24曲、すべてワンテイクであったといわれる。
It is said that it is 24, and all were Wantac.
俗に「マラソン・セッション」と呼ばれるが、連続した2日間ではなく、2回のセッションの間には約5ヶ月のブランクがある。
It is not but there will be a blank of about five months between sessions of two times in consecutive two days though it is commonly called, "Marathon session".
これらの演奏は『ワーキン』『スティーミン』『リラクシン』『クッキン』の4枚のアルバムに収録され、プレスティッジはこの4枚を毎年1枚ずつ4年かけて発売した。
These performances were collected to four albums of 'Workin'', 'Steamin'', 'Relaxin'', and 'Cookin'', and Prestige put these four pieces on the market spending one four year every year.


また、1957年にはパリへ渡り、現地のジャズメンと共に、映画『死刑台のエレベーター』の音楽をラッシュに合わせて即興演奏で制作。
Moreover, it extends to Paris in 1957, the music of the movie 'Ascenseur pour L'Echafaud' is matched to rush with local jazz men, and it produces in the impromptu rendition.
1958年にはキャノンボール・アダレイを加えて、バンドはセクステット(6人編成)になる。
The band is a sextette (six person organization) in addition in 1958 of The Cannonball Run Ada lei.
同年にはキャノンボールの『サムシン・エルス』に参加。
It participates in 'Samushin Els' of The Cannonball Run in the same year.
また、レッド・ガーランドが退団したため、ピアノにビル・エヴァンスを迎える。
Moreover, because red Garland resigned, building Evans is invited as the piano.
ビルはバンドにクラシック音楽(特にラヴェル
Especially, the building is ..classical music (.. Ravel in the band.

ラフマニノフ)の知識を持ち込みマイルスに影響を与えたが、黒人のピアニストを雇わなかったことでマイルスのバンドの黒人ファン等からの人種差別問題など(当時唯一の白人メンバーだった)で7ヶ月余りで脱退。
The knowledge of Rachmaninoff) secedes with the segregation thing (At that time, it was the only Caucasian member) such as the black fans of Miles's band etc. in not having employed black's pianist because of the remainder for seven months though influenced Miles of bringing in.
その後ビルを特別に呼び戻し、代表作の一つ『カインド・オブ・ブルー』を制作。
The building afterwards is specially called back, and 'Caind Ob blue one' of the most important work is produced.
モード・ジャズの方法論を示した。
The methodology of the mode jazz was shown.



[編集] 1960年代
[ Edit ] The 1960's

1960年にジョン・コルトレーンがグループを脱退、他のメンバーも随時交替する。
John Coltrane alternates in 1960 and secession and other members also alternate the group at any time.
ここからしばらくメンバーは固定されず(この時期ソニー・ロリンズや、J・J・ジョンソンらと再び共演している)、作品的にも目立ったものは少なく、ライブレコーディングが中心となっていく。
As for the member, it is not fixed for a while (Co-star again with this time Sony Rollins and J・J Johnson), remarkable what is few in the work, and a live recording is centered here.
1963年ハービー・ハンコック
1963 Herbie Hancock

ロン・カーター
Ron Carter

トニー・ウィリアムスがグループに参加。
Tony Williams participates in the group.
1964年7月に初来日。
It is a first visit to Japan in July, 1964.
同年秋にはウェイン・ショーターを迎え、マイルス、ウェイン、ハービー、ロン、トニーという第二期クインテットが確立。
The second stage quintet such as Miles, Weyne, Herbie, Ron, and Tony establishes it on Weyne shorter in autumn of the same year.
1968年前半までこのメンバーで活動した。
It acted by this member until the first half of 1968.
途中マイルスが健康状態の悪化で活動の休止を余儀なくされる時期もあり、録音された作品はそこまで多くは無かったが『ソーサラー』『ネフェルティティ』など優れたアルバムを発表し、演奏面でも作曲面でも4ビートスタイルのジャズとしては最高水準まで昇りつめた5人は、「黄金クインテット」と呼ばれる。
The remarkable album such as 'Sorcerer' and 'Nefertiti' is announced, and as the jazz of four beat style, it rises to high-level and five people who packed it are called "Gold quintet" on the performance side and the composition side on the way though there is time when the activity is stopped through necessity in the deteriorating health, too and were not a lot of recorded works there calling Miles.
マイルス自身もこのクインテットを「偉大なバンド」と評しており、4人から学んだことも多かったと語っている。
Miles also criticizes, and is talking to have often learnt from four people about this quintet , saying that "Great band".


1968年、8ビートのリズムとエレクトリック楽器を導入した、『マイルス・イン・ザ・スカイ』を発表。
The rhythm and Electric musical instruments of eight beats 1968 year were introduced, and 'Miles Inn Za sky' is announced.
その後ジョー・ザヴィヌルの協力を得て、その試みは1969年『イン・ア・サイレント・ウェイ』『ビッチェズ・ブリュー』といった作品で結実する。
The cooperation of Joe Zavinul is received afterwards, and the attempt brings it forth with the work 'Inn A silent pictures ways' and 'Bitchez Bru' in 1969.
これらの作品が70年代以降のフュージョンブームの方向性を示すことになった。
These works will show the directionality of the fusion boom after the 70's.



[編集] 1970年代
[ Edit ] The 1970's

フュージョンブームでかつてのメンバーのハービー・ハンコックやチック・コリアなどがヒット作を連発する一方で、マイルス自身はファンク色の強い、よりリズムを強調したスタイルへと進展、フュージョンとは一線を画するハードな音楽を展開する。
Fusion..boom..member..Herbie..Hancock..stick pomade..Korea..box office hit..fire in rapid succession..Miles..funk..color..strong..rhythm..emphasize..style..progress..fusion..make a clear distinction..hard..Music..develop.
1972年に発表された『オン・ザ・コーナー』は、現在でもその先進性が話題となる問題作であった。
'On Za corner' that had been announced in 1972 was a problem work that the advanced level still becomes a topic.
しかし、こういったマイルスの音楽はセールス的には成功とはいえず、さらに健康状態も悪化、日本でのライブ録音『アガルタ』『パンゲア』を最後に、1975年以降は長い休息期間となる。
However, it cannot be said that it will succeed as it sells such Miles's Music, and it becomes a long rest period finally the health condition in addition ..the live recording in Japan deterioration and 'Agharta' and 'Pangaea'.. after 1975.



[編集] 1980年代以降
[ The edit ] After the 1980's

1980年にマーカス・ミラーなどのサポートを得て活動再開、翌年に復帰作『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』発表。
The support such as the Marcus mirrors is obtained in 1980 and it will announce the return work 'Za man Wiz Za horn' the activity resume and next year.
1980年代はポップ色を強め、マイケル・ジャクソンやシンディ・ローパーなどの作品を取り上げたり、バンドを従えずあらかじめ出来上がったトラックの上にトランペットをかぶせるポップスミュージシャンのような制作スタイルを取り入れた。
A pop color was strengthened, and the work of Michael Jackson and Cyndi Lauper, etc. was taken up, and the band was not accompanied and the production style like the pop musician who covered on the track completed beforehand with the trumpet was taken in the 1980's.
さらに遺作『ドゥー・バップ』(1991年)ではヒップホップのミュージシャンであるイージー・モー・ビーをゲストに迎え、最後まで時代を見据えて活動した。
In addition, it acted inviting easy Moby who was a hip-hop musician in the posthumous work 'Du bop' (1991) as the guest, and staring at the age to the last minute.



[編集] 音楽性
[ Edit ] Music character

マイルスのトランペットのプレイのおおまかな特長としては、ミュートすることはあっても、ビブラートをあまりかけず、速い演奏などといったテクニックにはあまり頼らないことがあげられる。
As a rough feature to play Miles's trumpet, the vibrato is not so put even if the mute is done, and it is given to the technique such as fast performances not to rely on so much.
またディジー・ガレスピーのようなハイトーンを避け、中音域がトランペットにおいて最も美しい音がでる、として多用した。
Moreover, a high tone like Dizzy Gillespie was avoided, the sound whose inside compass is the most beautiful in the trumpet was made, and it multiused it.
後には、無駄な音を一切出さないといった方向性にも繋がっていき、メンバーにもそういった方向性を暗黙裡に求めた。
It connected with directionality of not emitting a useless sound back at all, and the member requested such directionality from tacit.
楽曲上の主な特徴は、初期においては、テーマの後、それぞれが順にソロ演奏を行い、その間バックアップとして呼応したり煽る事はあっても、アドリブ演奏を同時に二つ以上ぶつけることはせず、その後、再びテーマに戻って終わるといった、ジャズでの典型的なものである。
It is the typical one in jazz that throwing two ad-lib performances or more at the same time ends not doing, and the return afterwards to the theme again even if the main feature in music is sequentially performed solo respectively, responds meanwhile as a backup after the theme in the first stage, and there is a fueled thing.
1960年代以降は、テーマに戻らずに終了する作品も見られる。
After the 1960's, the work that ends without returning to the theme is seen, too.
また、1980年代のステージでは、トランペットの他にシンセサイザーも演奏することがあった。
Moreover, the synthesizer besides the trumpet was occasionally performed in the stage of the 1980's.


スタジオ盤においては、収録時間の関係上、編集でカットされたり、つなぎ合わすことが多かったが、音を差し替えることはなかった。
It is cut by the edit because of the collection time in the studio board, the sound was not replaced though it was often made to tie each other.
ステージに於いては、他のミュージシャンにもいえるが、スタジオ収録の新作曲や最先端の音の披露よりも、その時の楽器編成で有名な曲を演奏する事が多かった。
There were a lot of performing a tune that was more famous than the announcement of a new tune of the studio collection and a state-of-the-art sound for the composition of the musical instruments at that time though it was possible to say also to other musicians in the stage.


クラシックなどのアレンジも研究し、クール・ジャズや後の完全にアレンジされたジャズにおいて、その成果が発揮された。
The arrangement of classics etc. was researched, and the result was demonstrated in the cool jazz and the following jazz completely arranged.
特にかれが導入したスタイルにモード (旋法)がある。
Especially, it is a mode in the style that he introduced There is (modal).
これらはチャーリー・パーカーらが得意としたビバップに限界を感じ音階にドレミが導入される以前の古い教会旋法を積極的にとりいれたアルバム『カインド・オブ・ブルー』でモードジャズの発端を開いた。
These opened the beginning of the mode jazz by the album 'Caind Ob blue' to take an old church mode before it realized the limitations in the bebop in which Charlie Parker et al. were skillful and Doremi was introduced into the music scale positively.
他にもブルース
Other blues

ロック
Lock

ヒップホップなども取り入れ、ジャズの範囲ばかりではなく、様々なジャンルの音楽に注目していた。
Hip hop etc. also took, and not only the range of jazz but also the music of various genres was paid to attention.
ジミ・ヘンドリックスやプリンスを高く評価していた話は有名だが、ジミとの共演は非公式なセッションだけで終わり、プリンス作曲の「ジェイルバイト」の音源は、今も未発表のままとなっている。
Co-starring with Jimi ends though the story to which Jimi Hendrix and the prince are evaluated high is famous only by an informal session, and the sound source of "Jail byte" of the prince composition remains about unpublished now.
また、『ユア・アンダー・アレスト』ではスティングがナレーションでゲスト参加し、マイケル・ジャクソンやシンディ・ローパーのカバーも収録。
Moreover, Sting participates in the guest by the narration in 'Under Ure arrest', and the cover with Michael Jackson and Cyndi Lauper is collected.


音楽的には柔軟で先進的な姿勢のマイルスも、フリー・ジャズの分野には手を染めず、オーネット・コールマンを批判したこともある。
Miles of musical flexible, advanced posture doesn't begin the field of the free jazz, and either Ornet Coleman has been criticized.
ステージパフォーマンスにおいては観客に背を向ける事が多く一部批判されたが、ケニー・ギャレットは「彼は指揮者なんだ」と擁護する発言を行っている。
Kenny Garrett is doing the protected remark , saying that "He is a conductor" though a lot of part things, that is, the turn one's back to to the spectator were criticized in the stage performance.



[編集] 人物
[ Edit ] Person thing

マイルスはアメリカにおける人種差別問題には常に批判的であった。
Miles was always critical to the segregation thing in the United States.
「白人によるアメリカ」に嫌悪しており「カストロはアメリカを批判するのに3日かかると言ったが、俺なら一週間かかる」と喧伝していた。
It disliked to "United States by Caucasian" and it advertised it , saying that "If it was me, it takes one week though Castro was said that it would take three days to criticize the United States".
これは人種差別に対する彼なりの怒りであろう。
This might be anger ..him to the racial discrimination it...


しかし、音楽性の追求のためには人種は関係ないというスタンスを貫き通した。
However, the race attained the stance regardless for the pursuit of the music character.
アレンジャーでマイルスがもっとも近い親友と称しているギル・エヴァンスには生涯に渡って強い影響を受けていた他、初期の名作『クールの誕生』にはリー・コニッツやジェリー・マリガンといった白人ミュージシャンを起用した。
Musician Caucasian named Lee Conitts and the Jerry mulligan was appointed to the masterpiece another, by having been receiving the major impact over the life initial 'Birth of cool' in Gill Evans who called Miles an arranger and the nearest best friend.
第一期クインテット時代に、一時的にビル・エヴァンスをバンド・メンバーに迎え入れた時、当時の主なマイルス音楽のリスナーだったアフリカ系アメリカ人の層からは多くの批判を浴びせられたが、マイルスは「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ」と豪語したと伝えられている(ただ、ビルは音楽的には大きな貢献をしたものの、一年程度の在籍ののち客達による白人バッシングに耐えきれずにバンドを去ることになったと言われている)。
Though a lot of criticisms were poured from the layer of African American who is the listener of the main at that time, Miles music on the first stage quintet age when building Evans is temporarily embraced in the band member, it is told that Miles boasted, "If the fellow does good play, the color of the skin employs and even a green fellow employs it" (However, after on the register of about one year, it is said to the Caucasian bashing by guests that it will leave the band it is not possible to finish enduring though the building did a big contribution in music).
さらに60年代末のエレクトリック導入期にはジョー・ザヴィヌルやジョン・マクラフリンの存在抜きには考えられないほど彼らの才能を評価していたし、その後もチック・コリアやキース・ジャレット
Their talents were evaluated to Joe Zavinul and John McLaughlin's existence pulling out by no idea, and in addition, it was stick pomade Korea and it is Keith Jarrett afterwards at the Electric introduction period at the end of the 60's.

デイブ・リーブマンなど多くの白人メンバーが在席した。
A lot of Caucasian members such as Dave Leibman did lived Seki.
唯一のアジア系人種として、ピアニストのケイ赤城が1989年から2年間レギュラーメンバーとして活躍した。
It took an active part as a regular for two years in 1989 as only and Asia a race pianist's Kei Akagi.


速いモノを好む。
It likes fast thing.
常にフェラーリなどのスポーツカーを乗り回していた。
The sports car such as Ferrari was always driven around.
彼曰く最速のスポーツであることから、ボクシングをたしなんでいた。
Carawac turned over and liked playing boxing from sports of Saisoc.
この早さへのこだわりは車で移動すれば1時間のところを、飛行機に乗ることに固執し3時間かかってしまった事にも現れている。
Sticking to to this earliness persists in taking to the airplane of one hour if it moves by car and appears to the thing that it has taken three hours.


80年に復帰以降は、絵を描くことに没頭し、『スター・ピープル』のジャケットは自分でデザインした。
It was absorbed after the return in drawing the picture in 80, and the jacket of 'Star people' was designed for myself.
タモリがマイルスにインタビューした時、インタビュー中もずっと絵を描き続けその絵をプレゼント、さらにタモリが持参したトランペットにも絵を描き、タモリが自分の音楽をよく聴いてくれていると褒めてくれた、案外いい人だったと明かしている。
It praises when it keeps drawing the picture for a long time while interviewing it when Tamori interviews Miles, the picture is drawn in the trumpet by which the present and Tamori brought the picture, Tamori often listens to my music, and it exists, and when it was an unexpectedly good person, it reveals it.
マイルスは日本贔屓で、自叙伝「Miles: The Autobiography」に彼は世界で一番演奏をするのが好きな国に日本とフランスを挙げている。
Miles enumerates in autobiography "Miles: The Autobiography" in the Japan patronage and the most much performing in the worlds has enumerated Japan and France in a favorite country as for him.
ちなみに日本女性は世界で一番美しいとも書いている。
By the way, a Japanese woman is writing it is the most beautiful in the world.



[編集] バンド・メンバーの変遷
[ Edit ] The band member's transition

第一期クインテット(1955!)1963)
The first stage quintet 1963 (1955))

ジョン・コルトレーン
John Coltrane
(サックス)
(saxophone)

キャノンボール・アダレイ
The Cannonball Run Ada lei
(サックス)
(saxophone)

レッド・ガーランド
Red Garland
(ピアノ)
(piano)

ポール・チェンバース
Paul Chambers
(ベース)
(base)

フィリー・ジョー・ジョーンズ
Fire Joe Jones
(ドラム)
(drum)

ビル・エヴァンス
Building Evans
(ピアノ)
(piano)

ウィントン・ケリー
Wynn ton Kelly
(ピアノ)
(piano)

ジミー・コブ
Jimmy seaweed
(ドラム)
(drum)

第二期クインテット(1963!)1968)
The second stage quintet 1968 (1963))

ウェイン・ショーター
Weyne shorter
(サックス)
(saxophone)

ハービー・ハンコック
Herbie Hancock
(ピアノ)
(piano)

ロン・カーター
Ron Carter
(ベース)
(base)

トニー・ウィリアムス
Tony Williams
(ドラム)
(drum)

ジョージ・コールマン
George Coleman
(サックス)
(saxophone)

エレクトリック初期=ロスト・クインテット時代(1969!)1971)
Electric initial = age 1971 of lost quintet (1969))

ウェイン・ショーター
Weyne shorter
(サックス)
(saxophone)

チック・コリア
Stick pomade Korea
(キーボード)
(keyboard)

デイブ・ホランド
Dave Holland
(ベース)
(base)

ジャック・ディジョネット
Jack DeJohnette
(ドラム)
(drum)

エレクトリック前期(1971!)1973)
First term 1973 of Electric (1971))

ゲイリー・バーツ
Gary baht
(サックス)
(saxophone)

スティーブ・グロスマン
Stevegross man
(サックス)
(saxophone)

キース・ジャレット
Keith Jarrett
(キーボード)
(keyboard)

マイケル・ヘンダ!
Michael Henda.
)ソン
) Sonn.
(ベース)
(base)

アル・フォスター
Al Foster
(ドラム)
(drum)

アイアート・モレイラ
Eye art Morara
(パーカッション)
(percussion)

ドン・アライアス
Don Marias
(パーカッション)
(percussion)

レオン・ンドゥグ・チャンスラー
Leon Ndug Chansrar
(ドラム)
(drum)

エレクトリック中期(1973!)1974)
1974 in middle term of Electric (1973))

デイブ・リーブマン
Dave Leibman
(サックス)
(saxophone)

レジー・ルーカス
Reggie Lucas
(ギター)
(guitar)

ピート・コージー
Pete Cozy
(ギター)
(guitar)

マイケル・ヘンダ!
Michael Henda.
)ソン
) Sonn.
(ベース)
(base)

アル・フォスター
Al Foster
(ドラム)
(drum)

ムトゥーメ
Mtume
(パーカッション)
(percussion)

カルロス・ガーネット
Carlos garnet
(サックス)
(saxophone)

カリル・バラクリシュナ
Khalil Baracrishuna
(シタール)
(sitar)

バダル・ロイ
Badal Roy
(タブラ)
(tabla)

エレクトリック後期(1975!)1976)
Electric latter term 1976 (1975))

ソニー・フォーチュン
Sony fortune
(サックス)
(saxophone)

レジー・ルーカス
Reggie Lucas
(ギター)
(guitar)

ピート・コージー
Pete Cozy
(ギター)
(guitar)

マイケル・ヘンダ!
Michael Henda.
)ソン
) Sonn.
(ベース)
(base)

アル・フォスター
Al Foster
(ドラム)
(drum)

ムトゥーメ
Mtume
(パーカッション)
(percussion)

サム・モリソン
Sam Morrison
(サックス)
(saxophone)

カムバック後 前期(1981!)1984)
Come back..first term.

ビル・エヴァンス(サックス)
Building Evans (saxophone)
(第1期のピアノとは別人)
(The piano of the first stage is an another person. )

マイク・スターン
Mike Sterne
(ギター)
(guitar)

マーカス・ミラー
Marcus mirror
(ベース)
(base)

アル・フォスター
Al Foster
(ドラム)
(drum)

ミノ・シネル
Minot Shinel
(パーカッション)
(percussion)

カムバック後 中期(1984!)1986)
Come back..middle term.

ボブ・バーグ
Bob Berg
(サックス)
(saxophone)

ジョン・スコフィールド
John Scofield
(ギター)
(guitar)

ロバート・アーヴィング
Robert Irving
(キーボード)
(keyboard)

ダリル・ジョーンズ
Daryl Jones
(ベース)
(base)

ヴィンセント・ウィルバーン
Vincent Wilbarn
(ドラム)
(drum)

スティーブ・ソートン
Steve Sorton
(パーカッション)
(percussion)

ロベン・フォード
Roben Ford
(ギター)
(guitar)

カムバック後 後期(1987!)1991)
Come back..latter term.

ケニー・ギャレット
Kenny Garrett
(サックス)
(saxophone)

ジョセフ・フォーリー・マクレアリー
Joseph Foley McCrary
(ギター)
(guitar)

アダム・ホルツマン
Adam Holzmann
(キーボード)
(keyboard)

ケイ赤城
Kei Akagi
(キーボード)
(keyboard)

ジョーイ・デフランセスコ
Something For Joey Defransesco
(キーボード)
(keyboard)

ベニー・リートベルト
Benny lied belt
(ベース)
(base)

リッキー・ウェルマン
Rickey Wellman
(ドラム)
(drum)

マリリン・マズ!
Marilyn Maz.
)ル
) L.
(パーカッション)
(percussion)

ムニュンゴ・ジャクソン
Munungo Jackson
(パーカッション)
(percussion)

ラスト・バンド
Last band
(1991)

ケニー・ギャレット
Kenny Garrett
(サックス)
(saxophone)

ジョセフ・フォーリー・マクレアリー
Joseph Foley McCrary
(ギター)
(guitar)

デロン・ジョンソン
Deron Johnson
(キーボード)
(keyboard)

リチャード・パターソン
Richard Paterson
(ベース)
(base)

リッキー・ウェルマン
Rickey Wellman
(ドラム)
(drum)


[編集] ディスコグラフィ
[ Edit ] Discography


[編集] Capitol
[ Edit ] Capitol

クールの誕生 - Birth Of The Cool
Birth- of cool Birth Of The Cool
(1949)


[編集] Blue note
[ Edit ] Blue note

マイルス・デイヴィス・オールスターズ Vol.1
Miles Davis Orlstarz Vol.1
-
Miles Davis Vol.1(1952!)54)

マイルス・デイヴィス・オールスターズ Vol.2
Miles Davis Orlstarz Vol.2
-
Miles Davis Vol.2(1952!)54)


[編集] Prestige
[ Edit ] Prestige

ディグ - Dig
Dig Dig
(1951)

ウォーキン - Walkin'
War Kin Walkin '
(1953)

バグス・グルーブ - Bug's Groove
Bags groove Bug 's Groove
(1954)

マイルス・デイヴィス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアント - Miles Davis And The Modern Jazz Giants
Miles Davis and Za modern jazz Giant Miles Davis And The Modern Jazz Giants
(1954)

マイルス!
Miles.
)ザ・ニュー・マイルス・デイヴィス・クインテット - Miles
) Za new Miles Davis quintet Miles
(1955)

ザ・ミュージングス・オブ・マイルス - The Musings Of Miles
Za Mugengs Ob Miles The Musings Of Miles
(1955)

クッキン - Cookin'
Ckkin Cookin '
(1956)

リラクシン - Relaxin'
Riracshin Relaxin '
(1956)

スティーミン - Steamin'
Stemin Steamin '
(1956)

ワーキン - Workin'
Warkin Workin '
(1956)

マイルス・デイビス・アンド・ホーンズ - Miles Davis And Horns(1951!)53)
Miles Davis and horn zoo Miles Davis And Horns 53 (1951))

コレクターズアイテム - Collector's Item(1953!)55)
'S Item 55 (1953))Collector's item Collector





[編集] CBS
[ Edit ] CBS

ラウンド・アバウト・ミッドナイト
Round about midnight
-
Round About Midnight(1955!)56)

マイルス・アヘッド - Miles Ahead
Miles ahead Miles Ahead
(1957)

マイルストーンズ - Milestones
Milestone zoo Milestones
(1958)

1958マイルス - 1958Miles(日本編集盤)
1958-mile Sue 1958Miles (Japan edit board)
(1958)

ポーギー&ベス - Porgy And Bess
Porgy & Bess Porgy And Bess
(1958)

マイルス・デイヴィス・アット・ニューポート - Miles Davis At Newport
Miles Davis At Newport Miles Davis At Newport
(1958)

ジャズ・アット・ザ・プラザ - Jazz At The Plaza Vol.1
Jazz At Za plaza Jazz At The Plaza Vol.1
(1958)

カインド・オブ・ブルー
Caind Ob blue
-
Kind Of Blue
(1959)

スケッチ・オブ・スペイン
Sketch Ob Spain
-
Sketches Of Spain
(1959)

サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム - Someday My Prince Will Come
Sam day my prince Will cam Someday My Prince Will Come
(1961)

ブラックホークのマイルス・デイビス - At The Blackhawk
Miles Davis of Bracchorc At The Blackhawk
(1961)

マイルス・デイヴィス・アット・カーネギーホール - Miles Davis At Carnegie Hall
Miles Davis At Carnegie hall Miles Davis At Carnegie Hall
(1962)

クワイエット・ナイト - Quiet Nights
Cwaiet night Quiet Nights
(1963)

セヴン・ステップス・トゥ・ヘヴン - Seven Steps To Heaven
Sevn Stepps Tu Haven Seven Steps To Heaven
(1963)

マイルス・デイヴィス・イン・ヨーロッパ - Miles Davis in Europe
Miles Davis Inn Europe Miles Davis in Europe
(1963)

マイ・ファニー・ヴァレンタイン - My Funny Valentine
My Fanny Valentine My Funny Valentine
(1964)

フォア&モア - Four & More
Foix & moa Four & More
(1964年)
(1964)

マイルス・イン・トーキョー
Miles Inn Tokyo
-
Miles in Tokyo
(1964)

マイルス・イン・ベルリン - Miles in Berlin
Miles Inn Berlin Miles in Berlin
(1964)

E.S.P.
(1965)

ライヴ・アット・ザ・プラグド・ニッケル - Live At The Plugged Nickel
Live At Za pluged nickel Live At The Plugged Nickel
(1965)

マイルス・スマイルズ Miles Smiles
Miles Smiles Miles Smiles
(1966)

ソーサラー
Sorcerer
-
Sorcerer
(1967)

ネフェルティティ
Nefertiti
-
Nefertiti
(1967)

マイルス・イン・ザ・スカイ - Miles In The Sky
Miles Inn Za sky Miles In The Sky
(1968)

ウォーター・ベイビーズ - Water Babies(1967!)69)
Water baby zoo Water Babies 69 (1967))

キリマンジャロの娘 - Filles De Kilimanjaro
Daughter- of Kilimanjaro Filles De Kilimanjaro
(1968)

イン・ア・サイレント・ウェイ
Inn A silent pictures ways
-
In A Silent Way
(1969)

1969マイルス - 1969Miles
1969-mile Sue 1969Miles
(1969)

ビッチェズ・ブリュー
Bitchez Bru
-
Bitches Brew
(1969)

ビッグ・ファン - Big Fun(1969!)70)
Big fan Big Fun 70 (1969))

ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト - Live At The Fillmore East : It's About That Time
Live At Za Fillmore yeast Live At The Fillmore East: It 's About That Time
(1970)

ブラック・ビューティ - Black Beauty
Black beauty Black Beauty
(1970)

マイルス・アット・フィルモア - Miles Davis At Fillmore
Miles At Fillmore Miles Davis At Fillmore
(1970)

ライヴ・イヴル - Live-Evil
Live Eve roux Live-Evil
(1970)

オン・ザ・コーナー
On Za corner
-
On The Corner
(1972)

イン・コンサート - Miles Davis In Concert
Inn concert Miles Davis In Concert
(1972)

ゲット・アップ・ウィズ・イット - Get Up With It(1970!)74)
Getting improvement Wiz it Get Up With It 74 (1970))

ダーク・メイガス - Dark Magus
Darkness Magas Dark Magus
(1974)

アガルタ - Agharta
Agaltar Agharta
(1975)

パンゲア
Pangaea
-
Pangaea
(1975)

カムバック後
After it comes back


ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン - The Man With The Horn
Za man Wiz Za horn The Man With The Horn
(1981)

ウィ・ウォント・マイルス - We Want Miles
Wi want Miles We Want Miles
(1981)

スター・ピープル - Star People
Star people Star People
(1983)

デコイ - Decoy
Decoy Decoy
(1984)

ユア・アンダー・アレスト - You're Under Arrest
Under Ure arrest You 're Under Arrest
(1985)

オーラ - Aura
Aura Aura
(1985)


[編集] Warner Bros.
[ Edit ] Warner Bros.

TUTU
(1986)

アマンドラ - Amandra(1988!)89)
Amandorar Amandra 89 (1988))

ライヴ・アット・モントルー
Live At Montreux
-
Miles & Quincy Live at Montreux
(1991)

ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド - Live Around The World(1987!)91)
Live around Za the world Live Around The World 91 (1987))

ドゥー・バップ - Doo-Bop
Du bop Doo-Bop
(1991)


[編集] 映画音楽
[ Edit ] Film music

死刑台のエレベーター
Ascenseur pour L'Echafaud
-
Ascenseur Pour L'Echafaud (Lift To The Scaffold)
(1958)

ジャック・ジョンソン - A Tribute to Jack Johnson
Jack Johnson A Tribute to Jack Johnson
(1970)

シエスタ - Music From Siesta
Siesta Music From Siesta
(1987)

ディンゴ - Dingo
Dingo Dingo
(1990)


スポンサーサイト
【 2008/11/02 08:53 】

miles davis  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Miles Davis - Tutu  


マイルス・デイビスがワーナーブラザーズに移籍してからの
2枚のアルバム「Tutu」 「Amandla」 の2枚には
マイルス・デイビスのオリジナルは1曲も入っていない。
マーカス・ミラーがほとんどの曲を書き、
プロデュースした。
何故か?。
ワーナーブラザーズに移籍、契約した時
出版権を弁護士がワーナーブラザーズに
渡してしまったらしく、
それがマイルスには気に食わなかった。
契約を更新し直すまでは
俺のオリジナルは入れてやらないぞ、ということだ。
マイルスはいわゆるよくありがちな
「自分の好きな音楽さえやれれば、
お金なんて問題じゃない。」
的なアーティストではなかった。
むしろ自分の金にはうるさかった(笑)。
「俺は一流の仕事をする。
だからギャラも一流の金をよこせ!」
ということだろう。
しかしその結果としての出来は
どうだったか。
自分はあの2枚のアルバムより
「Live Around the World 」
「Complete Miles Davis At Montreux 1973-1991」
の方が好きだ。
結局マイルス自身が取り仕切って
自分のプロデュースで
サウンドを作りあげない限り
マイルスのカラーが充分に
発揮されない気がするね。
晩年のマイルスのバンドは
優秀なバンドだったし、
同じ曲でもライブのテイクの方が
何倍もかっこいい。


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

【 2008/05/15 07:55 】

miles davis  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。