プロフィール

c.o.i

Author:c.o.i
よろしくお願いします^^。

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

New Adventures in Hi-Fi - R.E.M.

New Adventures in Hi-Fi is the tenth full-length studio album by the American band R.E.M. It was their fifth major label release for Warner Bros.
HiFiにおける新しいAdventuresによるアメリカのバンドR.E.M.Itによる10番目の省略のないスタジオアルバムが彼らの5番目のワーナーブラザースに、主要なラベルリリースであったということです。
Records, released 1996-09-09.
1996年9月9日に発表された記録。
New Adventures in Hi-Fi was the last album recorded with founding member, drummer Bill Berry - who left the band amicably the following year - original manager Jefferson Holt and long-time producer Scott Litt.
HiFiにおける新しいAdventuresは創立会員と共に記録された最後のアルバムでした、ドラム奏者のビル・ベリー(翌年、円満にバンドを出た)--オリジナルのマネージャのジェファーソン・ホルトと長年のプロデューサーのスコット・リット。


Recording
録音

The album was recorded during and after the tour in support of Monster in 1995.
アルバムはツアーと1995年のMonsterを支持したツアーの後に記録されました。
The material on the album mixed the acoustic, country rock, feel of much of Out of Time and Automatic for the People with the rock sound of Monster and Lifes Rich Pageant.
アルバムの材料は音の国の岩石を混ぜて、MonsterとLifesの岩石の音を伴うPeopleのためのTimeとAutomaticのOutの多くの感じはリッシュPageantです。
Guitarist Peter Buck said that the band tried so hard to be a rock band again with Monster, but it just didn't quite work out.[citation needed] They stopped trying, and they ended up putting together their most rock and roll record to date.
ギタリストピーターBuckは、バンドがそれほど一生懸命再びMonsterがあるロックバンドになろうとすると言いましたが、それはただ全く解決したというわけではありません。[必要である引用]彼らが、試みるのを止めて、結局まとめた、それら、これまでロックンロール最も記録的です。
They have cited Neil Young's 1973 album Time Fades Away as a source of inspiration.
彼らは1973年のニール・ヤングのアルバムTime Fades Awayをインスピレーションの源に挙げました。
[citation needed]
[必要である引用]


The band noted that they borrowed the recording process for the album from Radiohead, who recorded some of the basic tracks for The Bends while on tour and who were supporting the band in 1994 and 1995.
バンドは、彼らがアルバムにレディオヘッドから録音の過程を借りたことに注意しました。(レディオヘッドは、Bendsのためにツアーに関していくつかの基本的な道を記録して、1994年と1995年にバンドを支持していました)。
R.E.M. brought along eight-track recorders to capture their live performances, and used the recordings as the base elements for the album.
R.E.M.は、彼らの実演を得るために8道のレコーダーを連れて来て、アルバムに基本要素として録音を使用しました。
As such, the band's touring musicians Nathan December and Scott McCaughey ended up appearing on throughout the album with Andy Carlson contributing violin to "Electrolite."
そういうものとして、バンドのツアーしているミュージシャンネイザン12月、スコット・マコイは結局、アンディ・カールソンが"Electrolite"にバイオリンを寄付していてアルバム中でオンに見えました。
After the tour was over, the band went into the Bad Animals Studio and recorded four additional tracks, "How the West Was Won and Where It Got Us," "E-Bow the Letter," "Be Mine," and "New Test Leper."
ツアーが終わっていた後に、バンドがBad Animals Studioに入って、「西洋は勝たれて、私たちを得た」4つの追加道を記録した、「電子のお辞儀、手紙、」、「私のものになってください」、および「新しいテストハンセン病患者。」
Patti Smith came to the sessions and contributed vocals on "E-Bow the Letter."
パティ・スミスがセッションに来て、ボーカルを寄付した、「電子のお辞儀、手紙、」


Although it reached #2 in the U.S.[1], spending 22 weeks on the charts, and topped the UK Album Charts [2] (20 weeks on chart) as well as #1 on the Australian Charts, New Adventures in Hi-Fi began the band's sales decline in the United States.
22週間をヒットチャートで過ごして、U.S.[1]で#2、に達して、#1と同様にオーストラリアのChartsでイギリスのAlbum Charts[2](図の20週間)を付けましたが、HiFiにおけるNew Adventuresは合衆国でバンドの売れ行き減少を始めました。
The first single "E-Bow the Letter" was cited as an unusual choice for radio.[citation needed] It subsequently received only modest radio airplay in the U.S. and peaked at #49 on the U.S. charts.[3] In the UK, however, the single became the band's biggest hit at that point, reaching #4.[2] As of March 2007, New Adventures in Hi-Fi has sold 994,000 units in the U.S.
最初のシングル、「電子のお辞儀、手紙、」 しかしながら、ラジオ[必要である引用]それのための珍しい選択が次に、米国で穏やかな無線のエアプレイだけを受けて、ピークに達せられて、米国の#49、がイギリスで.[3]を図にして、シングルがその時バンドの最大のヒットになったとき引用されて、2007年3月現在#4.[2]に達するNew Adventuresが米国でHiFiで99万4000個のユニットを販売しました。
[4]


In 2005, Warner Brothers Records issued an expanded two-disc edition of New Adventures in Hi-Fi which includes a CD, a DVD-Audio disc containing a 5.1-channel surround sound mix of the album done by Elliot Scheiner, and the original CD booklet with expanded liner notes.
2005年に、ワーナーブラザースRecordsはCD、Elliot Scheinerによって行われたアルバムの5.1チャンネルの取り囲むもの音のミックス、および拡張ライナーノートがあるオリジナルのCD小冊子を含むDVDオーディオディスクを含んでいるHiFiでNew Adventuresの拡張2ディスクの版を発行しました。



[edit] Critical reception
[編集]批評家の反応

Michael Stipe says that New Adventures in Hi-Fi is his favorite of their albums.[citation needed] According to Peter Buck, when Warner Bros. heard the album that was to take them to the top - Out Of Time - they were dumbfounded:
マイケルStipeは、HiFiにおけるNew Adventuresが彼らのアルバムに関する彼のお気に入りであると言います。唖然としました:
"You think the one with the lead mandolin should be the first single?!" On hearing New Adventures…, he says, the same people proclaimed, "Hey, there's three Top 10 records on here!"
「あなたは、リードマンドリンがある1つが最初のシングルであるべきであると思いますか?」On公聴会New Adventures…、彼は言って、同じ人々は、「ほら、3Top10記録がここにあります!」と宣言しました。
[5]


Critical reaction to the album was mostly positive.
アルバムへの臨界反応はほとんど積極的でした。
Several publications lauded the album for its rich diversity, including Rolling Stone, Q, and Mojo and Stephen Thomas Erlewine from All Music says "in its multifaceted sprawl, they wound up with one of their best records of the '90s."
いくつかの刊行物が豊かな多様性のためにアルバムを賛美して、All Musicからのローリングストーン誌、Q、Mojo、およびスティーブントーマスErlewineを含んでいるのは、「多才スプロール現象では、それらの90年代の最も良い記録の1つで、終わりました。」と言います。
At the same time, however some publications including Melody Maker, criticized the album's empty and flat sound caused by recording in arenas and soundchecks.
しかしながら、同時間、Melody Makerを含むいくつかの刊行物では、アリーナとsoundchecksに記録することによって引き起こされたアルバムの空の、そして、平坦な音は批評されています。



[edit] Track listing
[編集]道のリスト

All songs written by Bill Berry, Peter Buck, Mike Mills and Michael Stipe.
ビル・ベリー、ピーターBuck、マイク・ミルズ、およびマイケルStipeによって書かれたすべての歌。
[6]


"How the West Was Won and Where It Got Us" ? 4:31 Seattle Studio
「西洋はそれが私たちを得たところでどう勝たれました」--4:31シアトルスタジオ

"The Wake-Up Bomb" ? 5:08 Charleston
「航跡上がっている爆弾」--5:08チャールストン

"New Test Leper" ? 5:26 Seattle Studio
「新しいテストハンセン病患者?」 5:26シアトルスタジオ

"Undertow" ? 5:09 Boston
「引き波?」 5:09ボストン

"E-Bow the Letter" ? 5:23 Seattle Studio
「電子のお辞儀の手紙」 5:23シアトル、スタジオ

"Leave" ? 7:18 Atlanta Soundcheck
「休暇?」 7:18アトランタSoundcheck

"Departure" ? 3:28 Detroit
「出発?」 3:28デトロイト

"Bittersweet Me" ? 4:06 Memphis Soundcheck
「ほろにがい私?」 4:06メンフィスSoundcheck

"Be Mine" ? 5:32 Seattle Studio
「私のものになってください」--5:32シアトルスタジオ

"Binky the Doormat" ? 5:01 Phoenix
「Binkyドアマット」--5:01フェニックス

"Zither" ? 2:33 Dressing Room Philadelphia
「チター?」 2:33楽屋フィラデルフィア

"So Fast, So Numb" ? 4:12 Orlando Soundcheck
「したがって、それほど速く、感覚を失わせてください」--4:12オーランドSoundcheck

"Low Desert" ? 3:30 Atlanta Soundcheck
「低い砂漠?」 3:30アトランタSoundcheck

"Electrolite" ? 4:05 Phoenix Soundcheck
"Electrolite?" 4:05フェニックスSoundcheck

Like most R.E.M. albums, the vinyl release has custom side names.
ほとんどのR.E.M.アルバムのように、ビニールリリースには、カスタムサイド名があります。
Side one (tracks 1-6) is called the "Hi side" and side two (tracks 7-14) the "Fi side."
」 側two(道7-14)に面があってください。側1(道1-6)が呼ばれる、「こんにちは、「Fi側。」



[edit] Singles and b-sides
[編集]シングルスとb-サイド

New Adventures consisted of material written during the same sessions and tour as Monster;
新しいAdventuresは同じセッションの間に書かれた材料から成って、Monsterとして旅行します。
consequently, there were few outtakes or left-over tracks for inclusion as b-sides.
その結果、b-サイドとして包含のためのわずかなアウトテークか残りの道がありました。



[edit] "E-Bow the Letter"
[編集]、「電子のお辞儀、手紙、」

"Tricycle" ? 1:59 Recorded during soundcheck at the Riverport Amphitheater, St. Louis, Missouri on September 22, 1995.
「三輪車?」 Riverport Amphitheater、1995年9月22日のセントルイス(ミズーリ)のsoundcheckの間の1:59Recorded。

"Departure" (Rome soundcheck version) ? 3:35 Recorded during soundcheck at the Paleur, Rome, Italy on February 22, 1995.
「出発?」(ローマsoundcheckバージョン) Paleur、1995年2月22日のローマ(イタリア)のsoundcheckの間の3:35Recorded。

"Wall of Death" (Richard Thompson) ? 3:07 Taken from the Richard Thompson tribute album, Beat the Retreat.
「Deathの壁」(リチャード・トンプソン)--リチャード・トンプソン捧げ物アルバム、Beat Retreatからの3:07Taken。


[edit] "Bittersweet Me"
[編集します] 「ほろにがい私」

"Undertow" (Live) ? 5:05 Recorded at the Omni Theater, Atlanta, Georgia on November 18, 1995.
「引き波?」(住んでいる) 5:05は1995年11月18日に全劇場、アトランタ、ジョージアに記録しました。
Taken from the live performance video, Road Movie.
実演ビデオ、Road Movieから、取ります。

"Wichita Lineman" (Jimmy Webb) ? 3:18 Recorded at The Woodlands, Houston, Texas on September 15, 1995.
「ウィッチタの架線工事夫?」(ジミー・ウェブ) 3:18は1995年9月15日にウッドランド一家、ヒューストン(テキサス)に記録しました。

"New Test Leper" (Live acoustic) ? 5:29 Recorded at Bad Animals Studio, Seattle, Washington;
「新しいTest Leper」、(ライブである、音、)、--Bad Animals Studio、シアトルワシントンの5:29Recorded。
April 19, 1996.
1996年4月19日。


[edit] "Electrolite"
[編集]"Electrolite"

"The Wake-Up Bomb" (Live) ? 5:07 Recorded at the Omni Theater, Atlanta, Georgia on November 18, 1995.
「航跡上がっている爆弾」(住んでいる)--5:07は1995年11月18日に全劇場、アトランタ、ジョージアに記録しました。
Taken from the live performance video, Road Movie.
実演ビデオ、Road Movieから、取ります。

"Binky the Doormat" (Live) ? 5:01 Recorded at the Omni Theater, Atlanta, Georgia on November 18, 1995.
「Binkyドアマット」(住んでいる)--5:01は1995年11月18日に全劇場、アトランタ、ジョージアに記録しました。
Taken from the live performance video, Road Movie.
実演ビデオ、Road Movieから、取ります。

"King of Comedy" (808 State remix) ? 5:36
「キング・オブ・コメディ?」(808州リミックス) 5:36


[edit] "How the West Was Won and Where It Got Us"
「西洋は勝たれて、私たちを得た」[編集]

"Love Is All Around" (Reg Presley) ? 3:04 Previously released on the 1996 soundtrack for I Shot Andy Warhol.
「Is All Aroundを愛す」(レッジ・プレスリー)--I Shotアンディ・ウォーホルのために1996年のサウンドトラックでリリースされた3:04Previously。

"Sponge" (Vic Chesnutt) ? 4:08 Previously released on the Chesnutt benefit album Sweet Relief II in 1996.
「スポンジ?」(ヴィク・チェスナット) 4:08Previouslyは1996年にチェスナット利益アルバムでスウィート・リリーフIIをリリースしました。

"Be Mine" (Mike on the Bus Version) - 4:54
「私のものになる」(バスバージョンのマイク)--4:54

"Revolution" was also released from these sessions - initially on the Batman & Robin and later on disc two of In Time:
また、「革命」が初めはバットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲と後でこれらのセッションからリリースされた、In Timeのディスクtwo:
The Best of R.E.M. 1988-2003.
最善のR.E.M.1988-2003。



[edit] Other singles
[編集します] 他のシングルス

"New Test Leper" and "The Wake-Up Bomb" were released as promotional singles for the album;
「新しいTest Leper」と「航跡上がっている爆弾」はアルバムのための宣伝のシングルスとしてリリースされました。
the former had a music video directed by Lance Bangs and Dominic DeJoseph.
前者で、ランス・バングズとドミニクDeJosephはミュージックビデオを指示しました。
All five videos from the album would later be collected on In View:
アルバムからのすべての5個のビデオが後でIn Viewに集められるでしょう:
The Best of R.E.M. 1988-2003.
最善のR.E.M.1988-2003。


The R.E.M. fan club releases a single every Christmastime, with two singles recorded during these sessions:
2人のシングルスがこれらのセッションの間、記録されている状態で、R.E.M.ファンクラブはいつもクリスマス季節のときにシングルをリリースします:
1996's "Only in America" (originally by Jay & The Americans)/"I Will Survive" (a Gloria Gaynor cover) and 1997's R.E.M. original "Live for Today" was backed with Pearl Jam's "Happy When I'm Crying".
「IウィルSurvive」(グロリアゲイナーカバー)と1997年のオリジナルのR.E.M.ものが「今日、生きがいとする」「アメリカだけ」(元々ジェイとアメリカ人による)1996年代の/は「私が泣いていると、幸福な」パール・ジャムのもので支持されました。



[edit] Personnel
[編集]人員

"How the West Was Won and Where It Got Us"
「西洋はそれが私たちを得たところでどう勝たれたか」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums, percussion, "ennio whistle"
ドラムス、衝撃、「ennioホイッスル」
[7]

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar, bass guitar, bouzouki, mandolin
ギター、バスギター、ブズーキ、マンドリン

Mike Mills - Backing vocals, piano, synthesizer
マイク・ミルズ--バックのボーカル、ピアノ、シンセサイザ

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals, synthesizer
ボーカル、シンセサイザ

"The Wake-Up Bomb"
「航跡上がっている爆弾」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ
バスギター、バックのボーカル、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"New Test Leper"
「新しいテストハンセン病患者」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ
バスギター、バックのボーカル、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Undertow"
「引き波」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals
バスギター、バックのボーカル

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"E-Bow the Letter"
「電子のお辞儀、手紙、」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
E-Bow guitar, electric sitar
電子Bowギター、電気シタール

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ, Moog synthesizer, Mellotron
バスギター、バックのボーカル、器官、モークシンセサイザ、Mellotron

Patti Smith ?
パティ・スミス?
Vocals
ボーカル

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Leave"
「いなくなってください」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion, acoustic guitar, synthesizer
打楽器、パーカッション、アコースティック・ギター、シンセサイザ

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
ARP Odyssey
ARPオデュッセイア

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, keyboards
バスギター、キーボード

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Departure"
「出発」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Fuzz bass, backing vocals, Farfisa organ
むく毛バス、バックのボーカル、Farfisa器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Bittersweet Me"
「ほろにがい私」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Piano
ピアノ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, organ, Mellotron
バスギター、器官、Mellotron

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Be Mine"
「私のものになってください」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Bass guitar
バスギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Guitar, backing vocals, keyboards
ギター(バックのボーカル)はキーボードを操作します。

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Binky the Doormat"
「Binkyドアマット」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion, backing vocals
打楽器、パーカッション、バックのボーカル

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Farfisa organ
Farfisa器官

Mike Mills ?
マイク工場?
Fuzz bass, backing vocals, keyboards
むく毛バス(バックのボーカル)はキーボードを操作します。

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Zither"
「チター」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Bass guitar
バスギター

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Tambourine
タンバリン

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Autoharp
オートハープ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, organ
バスギター、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Count in
中で数えてください。

"So Fast, So Numb"
「したがって、それほど速く、感覚を失わせてください」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Piano
ピアノ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ
バスギター、バックのボーカル、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Low Desert"
「低い砂漠」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Slide guitar
スライドギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Piano
ピアノ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, organ
バスギター、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Electrolite"

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drum kit, percussion
ドラム・セット、衝撃

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Banjo
バンジョー

Andy Carlson ?
アンディ・カールソン?
Violin
バイオリン

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guiro

Mike Mills ?
マイク工場?
Piano
ピアノ

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル


[edit] Technical crew
[編集します] 技術乗組員

William Field ? assistant engineer, Athens
ウィリアムField?技手、アテネ

Sam Hofstedt ? assistant engineer, Seattle
サムHofstedt?シアトルの技手

Victor Janacua ? assistant engineer, Los Angeles
ビクタJanacua?ロサンゼルスの技手

Adam Kasper ? recording engineer, Seattle
シアトルの技術者を記録するアダム・キャスパー?

John Keane ? recording and mixing engineer
技術者を記録して、混ぜているJohn Keane?

Scott Litt ? mixing engineer
技術者を混ぜているスコット・リット?

Bob Ludwig/Gateway Mastering ? mastering
ボブラドウィグ/Gateway Mastering?習得

Pat McCarthy ? recording engineer, Los Angeles
ロサンゼルスの技術者を記録して、マッカーシー?軽くたたいてください。

Mark "Microwave" Mytrowitz ? technical assistance
マーク「電子レンジ」Mytrowitz?技術支援

Joe O'Herlihy ? tour recording engineer
ジョー・オハーリー?ツアー録音技術者

Jo Ravitch ? tour recording engineer
ジョウRavitch?ツアー録音技術者

Eric Stolz ? digital editing
エリック・シュトルツ?デジタル編集

Jeff Wooding ? tour recording engineer
ジェフ・ウッディング?ツアー録音技術者


[edit] Charts
[編集]図


[edit] Album
[編集]アルバム

Year Chart Position
年の図の位置

1996 Billboard 200 2
1996年のビルボード200 2

1996 UK Albums Chart 1
1996年のイギリスのアルバム・チャート1

1996 ARIA Albums Chart 1
1996年のアリアアルバム・チャート1



[edit] Singles
[編集]シングルス

Year Single Chart Position
年の単一の図の位置

1996 "E-Bow the Letter" Billboard Modern Rock Tracks 2
1996、「電子のお辞儀、」 ビルボードモダンロックが追跡する手紙、2

1996 "E-Bow the Letter" Billboard Mainstream Rock Tracks 15
1996、「電子のお辞儀、」 ビルボードメインストリーム・ロックが追跡する手紙、15

1996 "E-Bow the Letter" Billboard Hot 100 49
1996、「電子のお辞儀、手紙、」 ビルボードホット 100 49

1996 "E-Bow the Letter" ARIA Singles Chart 23
1996、「電子のお辞儀、手紙、」 アリアシングル・チャート23

1996 "Bittersweet Me" Billboard Modern Rock Tracks 6
1996 「ほろにがい私」というビルボードモダンロックのトラックス6

1996 "Bittersweet Me" Billboard Mainstream Rock Tracks 7
1996 「ほろにがい私」というビルボードメインストリーム・ロックトラックス7

1996 "Bittersweet Me" Billboard Top 40 Mainstream 28
「ほろにがい私」という1996年のビルボード最高40の主流の28

1996 "Bittersweet Me" Billboard Hot 100 46
1996の「ほろにがい私」ビルボードホット 100 46

1997 "Electrolite" Billboard Hot 100 96
1997の"Electrolite"ビルボードホット 100 96

1997 "The Wake-Up Bomb" Billboard Mainstream Rock Tracks 30
1997 「航跡上がっている爆弾」ビルボードメインストリーム・ロックトラックス30
スポンサーサイト
【 2008/10/24 08:16 】

R.E.M.  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

How The West Was Won And Where It Got Us - R.E.M.

blood from a stone, water from wine.
ワインからの石からの血液、水。

Born under an ill-placed sign.
ほとんど置かれなかったサインの下で生まれます。

a stroke of bad luck, wrong place, wrong time.
災難、間違った場所、間違った時間。

this flyer is out of line.
このフライヤーは法外です。


The story is a sad one, told many times.
話は何回も言われた悲しいものです。

the story of my life in trying times.
骨の折れる回による身の上話。

just add water, stir in lime.
ただ水を加えてください、そして、ライムをかきまぜて入れてください。

how the west was won and where it got us.
それが私たちを得たところでどう西を得たか。

ahhhh.


the canary got trapped in the uranium mine.
カナリアはウラン鉱山で捕らわれました。

I struck bad luck, now the bird has died.
私は不運を打ちました、今、鳥が死にました。

a marker to mark where my tears run dry
私の涙が干上がるところにマークするマーカー

at the crossing of blessed and alkaline.
祝福されアルカリ性の交差点で。


The story is a sad one, told many times.
話は何回も言われた悲しいものです。

the story of my life in trying times.
骨の折れる回による身の上話。

just add water, stir in lime.
ただ水を加えてください、そして、ライムをかきまぜて入れてください。

how the west was won and where it got us.
それが私たちを得たところでどう西を得たか。

ahhhh.


I didn't wear glasses cause I thought it might rain.
私は雨のように降らすかもしれないと思った眼鏡原因を着ていませんでした。

now I can't see anything.
今、私は何も見ることができません。

I made a mistake, chalked it up to design.
私は、誤りをして、それをデザインまでチョークで書きました。

I cracked through time/space, godless and dry.
私は神を信じなくて乾いた時間/スペースを通して割りました。

I point my nose to the northern star,
私は鼻を北極星に向けます。

and watch the decline from a hazy distance.
そして、霞んでいる遠方からの衰退を見てください。


The story is a sad one, told many times.
話は何回も言われた悲しいものです。

the story of my life in trying times.
骨の折れる回による身の上話。

just add water, stir in lime.
ただ水を加えてください、そして、ライムをかきまぜて入れてください。

how the west was won and where it got us.
それが私たちを得たところでどう西を得たか。

ahhhh

【 2008/10/24 08:06 】

R.E.M.  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Electrolite - R.E.M.

Your eyes are burning holes through me.
あなたの目は私を通した燃えている穴です。

I'm gasoline.
私はガソリンです。
I'm burnin' clean.
私は清潔な状態で燃えています。

Twentieth century go and sleep.
20世紀は眠るために去ります。

You're Pleistocene.
あなたは更新世のです。
That is obscene.
それはみだらです。
That is obscene.
それはみだらです。


You are the star tonight.
今夜、あなたはスターです。

Your sun electric, outasight.
あなた、太陽電気であって、outasightです。

Your light eclipsed the moon tonight.
あなたの光は今夜、月をおおい隠しました。

Electrolite.

You're outasight.
あなたはoutasightです。


If I ever want to fly.
飛びたいと思うなら。

Mulholland Drive.
マルホランドDrive。

I am alive.
私は生きています。

Hollywood is under me.
私の下にハリウッドはあります。

I'm Martin Sheen
私はマーチン・シーンです。

I'm Steve McQueen
私はスティーブ・マックィーンです。

I'm Jimmy Dean
私はジミー・ディーンです。


You are the star tonight.
今夜、あなたはスターです。

Your sun electric, outasight.
あなた、太陽電気であって、outasightです。

Your light eclipsed the moon tonight.
あなたの光は今夜、月をおおい隠しました。

Electrolite.

You're outasight.
あなたはoutasightです。


If you ever want to fly.
あなたが飛びたいなら。

Mulholland Drive.
マルホランドDrive。

Up in the sky.
上空に。

Stand on a cliff and look down there.
がけに立って、そこの下を見てください。

Don't be scared
おびえないでください。

you are alive.
あなたは生きています。

You are alive.
あなたは生きています。


You are the star tonight.
今夜、あなたはスターです。

Your sun electric outasight.
あなたの電気outasight太陽。

Your light eclipsed the moon tonight.
あなたの光は今夜、月をおおい隠しました。

Electrolite.

You're outasight.
あなたはoutasightです。


Twentieth century go and sleep.
20世紀は眠るために去ります。

Really deep.
本当に深いです。
We won't blink
私たちは瞬くつもりではありません。

Your eyes are burning holes through me.
あなたの目は私を通した燃えている穴です。

I'm not scared I'm outta here.
私はおびえている私がここの外にいるということではありません。

I'm not scared.
私はこわがりません。
I'm outta here.
私はここの外にいます。
続きを読む ⇒
【 2008/10/20 17:22 】

R.E.M.  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Finest Worksong - R.E.M.

The time to rise has been engaged
上昇する時間は従事します。

You're better best to rearrange
あなたは転位するとは、より十分最も良いです。

I'm talking here to me alone
私はここで単独で私に話しています。

I listen to the finest worksong
私は最もすばらしいworksongを聞きます。

Your finest hour
あなたの最もすばらしい時間


Another chance has been engaged
別の機会は従事します。

To throw Thoreau and rearrange
ソーローを投げて、転位するように

You are following this time
あなたは今回、次のです。

I beg you not beg to rhyme
私が請う、あなたは、韻を踏むのを請いません。
(blow your horn)
(自分の宣伝します)

Your finest hour
あなたの最もすばらしい時間
(blow your horn)
(自分の宣伝します)


Take your instinct by the reins
たづなで本能を取ってください。

Your better best to rearrange
転位するあなたの、より良いベスト

What we want and what we need
私たちが欲しいものと私たちが必要とするもの

Has been confused been confused
混乱した、混乱します。
(blow your horn)
(自分の宣伝します)

Your finest hour
あなたの最もすばらしい時間
(blow your song)
(あなたの歌を吹きます)


Take your instinct by the reins
たづなで本能を取ってください。

Better best to rearrange
再配列するより良いベスト

What we want and what we need
私たちが欲しいものと私たちが必要とするもの

Has been confused been confused
混乱した、混乱します。
(blow your horn)
(自分の宣伝します)

Your finest hour
あなたの最もすばらしい時間
(blow your song)
(あなたの歌を吹きます)

Your finest hour
あなたの最もすばらしい時間
(blow your horn)
(自分の宣伝します)

Your finest hour
あなたの最もすばらしい時間
(blow your song)
(あなたの歌を吹きます)

Your finest hour
あなたの最もすばらしい時間

【 2008/10/20 17:10 】

R.E.M.  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Rock Me Amadeus - Falco

Ooo rock me Amadeus
Rock me Amadeus...
Rock rock rock rock me Amadeus
Rock me all the time to the top

Er war ein Punker
Und er lebte in der grosen Stadt
Es war Wien, war Vienna
Wo er alles tat
Er hatte Schulden denn er trank
Doch ihn liebten alle Frauen
Und jede rief:
Come on and rock me Amadeus

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

Er war Superstar
Er war popular
Er war so exaltiert
Because er hatte Flair
Er war ein Virtuose
War ein Rockidol
Und alles rief:
Come on and rock me Amadeus

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

Come on and rock me Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

Es war um 1780
Und es war in Wien
No plastic money anymore
Die Banken gegen ihn
Woher die Schulden kamen
War wohl jedermann bekannt
Er war ein Mann der Frauen
Frauen liebten seinen Punk

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

Come and rock me Amadeus...

Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me
Ja ja ja
Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus...

Ooo rock me Amadeus
Rock me Amadeus...
Rock rock rock rock me Amadeus
Rock me all the time to the top

He was a Punker
And he lived in the big city
It was Vienna, was Vienna
Where he did everything
He had debts, for he drank
But all the women loved him
And each one shouted:
Come on and rock me Amadeus

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

He was Superstar
He was popular
He was so exalted
Because he had flair
He was a virtuose
Was a rock idol
And everyone shouted:
Come on and rock me Amadeus

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

Come on and rock me Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

It was around 1780
And it was in Vienna
No plastic money anymore
The banks against him
From which his debts came
It was common knowledge
He was a women's man
Women loved his punk

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus

Come and rock me Amadeus...

Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me
Yes yes yes
Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me
Baby baby do it to me rock me

Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, Amadeus
Amadeus Amadeus, oh oh oh Amadeus...

Oooが私を強く揺すぶる、アマデウス
私を強く揺すぶってください、アマデウス…
岩石の岩石の岩石が私を強く揺すぶる、アマデウス
絶えず、先端に私を強く揺すぶってください。

彼はPunkerでした。
そして、彼は大都市に住んでいました。
ウィーンがウィーンであったということでした。
彼がすべてをしたところ
飲んだので、彼には、負債がありました。
しかし、すべての女性が彼を愛していました。
そして、各々は叫びました:
私をついて、強く揺すぶってください、アマデウス

アマデウス・アマデウス、アマデウス
アマデウス・アマデウス、アマデウス
おお、おお、おお、アマデウス・アマデウス、アマデウス

彼はSuperstarでした。
彼はポピュラーでした。
彼はとても高貴でした。
彼には能力があったので
彼はvirtuoseでした。
ロックアイドルでした。
そして、皆は叫びました:
私をついて、強く揺すぶってください、アマデウス

アマデウス・アマデウス、アマデウス
アマデウス・アマデウス、アマデウス
おお、おお、おお、アマデウス・アマデウス、アマデウス

私をついて、強く揺すぶってください、アマデウス
アマデウス・アマデウス、アマデウス
アマデウス・アマデウス、アマデウス
おお、おお、おお、アマデウス・アマデウス、アマデウス

それはおよそ1780でした。
そして、それはウィーンにありました。
キャッシュカードがない、それ以上
彼に対する銀行
彼の負債が来させたものから
それは周知の事実でした。
彼は女性の男性でした。
女性は彼の不良を愛していました。

アマデウス・アマデウス、アマデウス
アマデウス・アマデウス、アマデウス
おお、おお、おお、アマデウス・アマデウス、アマデウス

私を強く揺すぶりに来てください、アマデウス…

赤ん坊がそれをする赤ん坊は私に私を強く揺すぶります。
赤ん坊がそれをする赤ん坊は私に私を強く揺すぶります。
赤ん坊がそれをする赤ん坊は私に私を強く揺すぶります。
はい、はい、はい
赤ん坊がそれをする赤ん坊は私に私を強く揺すぶります。
赤ん坊がそれをする赤ん坊は私に私を強く揺すぶります。
赤ん坊がそれをする赤ん坊は私に私を強く揺すぶります。

アマデウス・アマデウス、アマデウス
アマデウス・アマデウス、アマデウス
おお、おお、おお、アマデウス・アマデウス、アマデウス…

【 2008/10/19 14:06 】

Falco  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Joe Zawinul - In a silent way

【 2008/10/05 19:15 】

Joe Zawinul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Beach Boys - Surf's Up

A diamond necklace played the pawn
ダイヤのネックレスは歩をプレーしました。

Hand in hand some drummed along, oh
ずっと鳴らされたいくつか、手を携えて、おお

To a handsome man and baton
いい男と警棒に

A blind class aristocracy
盲目のクラスの貴族

Back through the opera glass you see
オペラガラスを通して、あなたは見ます。

The pit and the pendulum drawn
穴と描かれた振り子

Columnated ruins domino
跡のドミノをColumnatedしました。


Canvass the town and brush the backdrop
町を求めてください、そして、背景をブラッシングしてください。

Are you sleeping?
あなたは眠っていますか?


Hung velvet overtaken me
掛かっているベルベットの追いつかれた私

Dim chandelier awaken me
薄暗いシャンデリアは私に目を覚まさせます。

To a song dissolved in the dawn
夜明けで溶かされた歌に

The music hall a costly bow
演芸場は高価なお辞儀です。

The music all is lost for now
当分間のすべて失われた音楽

To a muted trumperter swan
音を消されたtrumperter白鳥に

Columnated ruins domino
跡のドミノをColumnatedしました。


Canvass the town and brush the backdrop
町を求めてください、そして、背景をブラッシングしてください。

Are you sleeping, Brother John?
修道士ジョン、あなたは眠っていますか?


Dove nested towers the hour was
鳩が塔を入れ子にした、時間はそうでした。

Strike the street quicksilver moon
通りの水銀月を打ってください。

Carriage across the fog
霧の向こう側のキャリッジ

Two-Step to lamp lights cellar tune
ランプライトへの2ステップの地下貯蔵室旋律

The laughs come hard in Auld Lang Syne
笑いは一生懸命蛍の光に入ります。


The glass was raised, the fired rose
ガラスは上げられて、発火は上昇しました。

The fullness of the wine, the dim last toasting
ワインの充満、最後の薄暗い乾杯

While at port adieu or die
ポートでじゃあまたをゆったり過ごすか、または死んでください。


A choke of grief heart hardened I
深い悲しみ心臓のチョークはIを堅くしました。

Beyond belief a broken man too tough to cry
信じられないほど、敗残の人も、泣くのに耐え忍びます。


Surf's Up
サーフズ・アップ

Aboard a tidal wave
津波で

Come about hard and join
困難に生じてください、そして、接合してください。

The young and often spring you gave
若者としばしばあなたが与えたスプリング

I heard the word
私は単語を聞きました。

Wonderful thing
素晴らしいもの

A children's song
童謡


Child, child, child, child, child
子供、子供、子供、子供、子供

A child is the father of the man
子供は男性の父親です。

Child, child, child, child, child
子供、子供、子供、子供、子供

A child is the father of the man
子供は男性の父親です。

A children's song
童謡

Have you listened as they played
彼らがプレーしたとき、あなたは聴きましたか?

Their song is love
それらの歌は愛です。

And the children know the way
そして、子供は道を知っています。

That's why the child is the father to the man
それは子供が男性の父親である理由です。

Child, child, child, child, child
子供、子供、子供、子供、子供

Child, child, child, child, child
子供、子供、子供、子供、子供

Na na na na na na na na

Child, child, child, child, child
子供、子供、子供、子供、子供

That's why the child is the father to the man
それは子供が男性の父親である理由です。

Child, child, child, child, child
子供、子供、子供、子供、子供

【 2008/10/04 17:22 】

Beach Boys  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Laura Nyro - To a Child

What is life?
人生は何ですか?

Did you read about it
あなたはそれに関して読みましたか?

In a magazine?
雑誌で?

Silent lies
静かな偽り

Never give you what you need
あなたが必要とするものを決して、与えないでください。

Is there hope
望みがありますか?

For a mother
母親のために

And an elf on speed?
速度の小妖精--

Kiss the sun hello
太陽にキスしてください、こんにちは。

Child in the park
公園の子供

Make your life a lovin' thing
大好きなものに人生を作ってください。

I'm so tired
私はとても疲れています。

You're so wired
あなたは非常に配線されます。

And I'm a poet
そして、私は詩人です。

Without a poem
詩なしで

And you are my child
そして、あなたは私の子供です。


"So serene"
「とても平静です」。

Read about us in a magazine
私たちに関して、雑誌で読んでください。

Then why are we
そして、なぜが私たちであるか。

Crying by the washing machine?
洗濯機で泣きますか?

Let's run away child
子供を遠くに車で送りましょう。

And follow a dream
そして、夢に続いてください。


Kiss the sun hello
太陽にキスしてください、こんにちは。

Child in the park
公園の子供

Make your life a lovin' thing
大好きなものに人生を作ってください。

The park is late
公園は遅れています。

The wind is strong
風は強いです。

The trees have eyes
木は目をしています。

And you are my song
そして、あなたは私の歌です。

My lovely song
私のすてきな歌


What is love?
愛は何ですか?

Child I am here
ここの子供

to stand by you
あなたのそばに立つために

And you will find
そして、あなたは見つけるでしょう。

You own way hard and true
あなたは困難であって、本当の状態で道を所有しています。

And I'll find mine
そして、私は私のものを見つけるつもりです。

'Cause I'm growin' with you
'私があなたと共に育てている原因'


Kiss the sun hello
太陽にキスしてください、こんにちは。

God & Goddess
神と女神

Make his life a lovin' thing
大好きなものに彼の人生を作ってください。

And if I smile as you reach
そして、私が微笑むなら、達してください。

above the climbin' bars
クライミングバーの上で

To see the stars
星を見るために

You are my love
あなたは私の恋人です。

Child my love
子供は私の恋人です。
【 2008/10/04 15:54 】

Laura Nyro  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。