プロフィール

c.o.i

Author:c.o.i
よろしくお願いします^^。

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

The Todd Rundgren Interview 07/09/2010



A couple of months ago I wrote this when I heard the news that Todd Rundgren was coming to town.
2、3カ月前にトッド・ラングレンが町に来る予定であったというニュースを聞いたとき、私は、これを書きました。
(You'll be able to go back to that post for some background context).
(あなたは何らかのバックグラウンド文脈のためにそのポストに戻ることができるでしょう。)
Flash forward a month or so from when I wrote that and I'm actually speaking on the phone to Rundgren.
私がそれを書いて、実際にラングレンと電話で話している時から約1カ月、急に早送りになってください。
A keen talker.
鋭い話し手。



"The Robert Johnson thing," Rundgren tells me, as soon as we're connected and have said hello, "is really a chance for me to pay my respects to the era that influenced me, which is not," and there's a chortle here to pre-sell his point, "Robert Johnson - but rather the British bands that were influenced by Robert Johnson.
私たちが、接続されていて、こんにちはと言うとすぐに、「ロバート・ジョンソンもの」はラングレンが、私に言う「本当に私が私に影響を及ぼして、そうしない時代まで敬意を表する機会です」、そして、彼のポイント、「ロバート・ジョンソン、むしろロバート・ジョンソンによって影響を及ぼされたイギリスのバンドだけ」を前売りするために、うれしそうな笑いがここにあります。
My guitar heroes are Eric Clapton and Jeff Beck and people like that - so I've tried to make an album of Robert Johnson covers that, well, while not totally faithful for blues purists, is faithful for people, like me, that grew up with the 60s and the electric blues-rock versions of Johnson's songs."
「私のギター英雄は、そのようにエリック・クラプトンと、ジェフベックと人々です--したがって、私はブルース純粋主義者にはよく完全に忠実であるというわけではない、しかし、私のような60年代とジョンソンの歌の電気ブルースロックバージョンで成長した人々にとって、忠実なロバート・ジョンソンカバーのアルバムを作ろうとしました。」


Rundgren, ever the idiosyncratic performer and project-selector, says that it is mostly about fun, about "cranking the guitar again" and about indulging himself as well as presenting material for an audience.
ラングレン(かつて特有のパフォーマーとプロジェクトセレクタ)は、それが聴衆のために「再びギターを始動させます」と自分を満足させて、材料を寄贈することに関してほとんどほとんどおもしろいと言います。
"It's something I can do - I can play the guitar, you know, in this sense, I can - hopefully - play these songs on electric guitar.
「それは私が希望をいだいてできる(私がギターを弾くことができます、とあなたは知って、この意味で、私はそうすることができます)ことです--エレキギターでこれらの歌を演奏してください。」
Eric Clapton has basically cornered the market and created a sideline career for himself doing acoustic versions of Johnson songs, doing the authentic tribute - well I can't do that.
エリック・クラプトンは、ジョンソンの歌の音のバージョンをしながら、基本的に市場を買い占めて、自分のために側線キャリアを引き起こしました、正統の捧げ物をして--さて、私はそれができません。
But I can play these songs the way I want to.
しかし、私はそうしたいと思う方法でこれらの歌を演奏できます。
And that's been fun."
「そして、それはおもしろいです。」


Doing things the way he wants - that could basically be Rundgren's motto/ethos.
彼が欲しい方法でことをします--それは基本的にラングレンのモットー/エトスであるかもしれません。


It is rewarding, though, he says, "to have material that the audience is familiar with".
彼は、「聴衆が詳しい材料を持つ」ために言いますが、それは報酬を与えています。
He pauses and then almost shouts out a laugh, adding, "because I'm not exactly known for my hits!"
彼が止まって、次に、笑い、付加をほとんど大声で言う、「私が自分のヒットでまさに知られていない、!」
He says the show, Todd Rundgren's Johnson, gives people a chance to enjoy his versions of the Robert Johnson material and "of course we go back and look at some of the things from my career, revisiting my earliest work with Nazz - we do a great new version of the song Kiddie Boy, one of my earliest tunes [click here to hear the original] and we go all the way forward to [2008's] Arena with a version of Weakness.
彼は、ショー(トッド・ラングレンのジョンソン)が彼のロバート・ジョンソンの材料のバージョンを楽しむ機会、「私たちは、もちろん、私のキャリアからいくつかのものを戻って、見ます、Nazzとの最も早い仕事を再考して--私たちは歌のKiddie Boyのすばらしい新しいバージョン、私の最も前の旋律の1つをします、そして、[ここをクリックして、オリジナルを聞いてください]Weaknessのバージョンと共に[2008]のアリーナにはるばる進んでいること」を人々に与えると言います。
So, it's something for everyone - hopefully..."
「したがって、それは希望をいだいて皆のための何かです」…


Rundgren agrees that Arena was very much a return to the guitar, for him, and in that sense it paved the way for Todd Rundgren's Johnson.
ラングレンは、アリーナがたいへん彼のためのギターへの返上であり、その意味で、トッド・ラングレンのジョンソンへ道を開いたのに同意します。


"I'm a guitar player, really, I mean first and foremost - I grew up with all that great 1960s music, in terms of growing up, becoming a musician, so it's like first-love stuff, I'm always going to go back to it."
「ギタリストです、と本当に、私はまず第一に言っています--私はそんなにすばらしい1960年代の音楽で成長しました、成長することに関して、ミュージシャンになってしたがって、それは初恋ものに似て、私はいつもがんばり返すつもりです。」


Rundgren is proud of what he calls his "unusual career".
ラングレンは彼が彼の「珍しいキャリア」と呼ぶことを誇りに思っています。
He was raised on classical and light contemporary music - "my father was not really into popular music, I had to learn about that for myself" - and says that his twists and turns, his "unusual career", come from being interested in the music rather than the fame.
彼は、「私の父が本当にポピュラーミュージックに興味を持っていませんでした、と私はそれに関して自分で学ばなければならなかった」という古典的で軽い現代音楽で上げられて、彼の「珍しいキャリア」という彼の紆余曲折が名声よりむしろ音楽に関心があるのから来ると言います。


"The Nazz survived for 18 months - that was my first taste of fame on some level and of the overall experience of being in a band.
「Nazzは18カ月(私の何らかのレベルにおける名声とバンドにはある総合的な経験の最初の趣味であった)生き残りました。」
There are good and bad aspects and I got to taste some of both and, well, it's not as much fun as what you see in A Hard Day's Night, let me just say that" - and there's an almost exaggerated burst of laughter to back up (and mock) the point he's making.
「善悪の局面があります、そして、私はお好みにより両方のいくつかを得ました、そして、さて、それはあなたがア・ハード・デイズ・ナイトで見るものと同じくらい多くの楽しみではありません、そして、それをただ言わせてください」--そして、彼が指摘しているポイントのバックアップをとる(馬鹿にする)ために、笑いのほとんど大袈裟な炸裂があります。


"I realised, very early on, that I liked being in the studio and making records and really I took a job working as an engineer so that I could - first of all - make some money and secondly so that I could learn some tricks to go back and make my own records.
「わかる、技術者としてそのように、そのIを扱いながらスタジオと作成記録に本当に、私が就職したということであることを好かれたIがそうすることができた早くから間のまさしくそのI--まず、いくらかのお金と第二に私がいくつか学ぶことができたそうをトリックにして、戻って、私自身の記録を作ってください。」
And that has continued for me - to this day.
そして、それは私のためにこの日まで続きました。
I'll field calls and do production work and then I'll get bored of that after a while and decide to pick up my guitar again or to write some songs at the piano."
「私が呼び出しをさばいて、生産仕事をするつもりであり、次に、私は、しばらくして、その退屈であり、再び私のギターを拾うか、またはピアノのいくつかの歌を書くと決めるつもりです。」


Rundgren says he's proud of his time behind the console - going back to his earliest work as a studio-hand.
スタジオ手として彼の最も早い仕事に戻って、ラングレンは、彼がコンソールの後ろで時間を誇りに思っていると言います。
"It was the best education, I mean working on records by people like Ian & Sylvia and James Cotton, I mean you just don't forget it - and there's something you take away from each record."
「つまりイアン・シルヴィアとJames Cottonのような人々で記録に取り組んで、私は、あなたがただそれを忘れないと言っています--それは最も良い教育でした、そして、何かあなたが各記録から持ち去るものがあります。」


But it wasn't long before the hunger to record himself was created ("I was making a healthy living - but I wanted to make my own records!") and thus, Something/Anything, Rundgren's early masterwork, was born.
しかし、その結果、自分を記録する飢餓が作成されるまで(「健康な生活をしていましたが、私は私自身の記録を作りたかったです!」)、長くかかりませんでした、/何(ラングレンの早めの傑作)でも生まれたSomething。


"Really, I hid in the studio because I loved it.
「それがとても好きであったので、本当に、私はスタジオに隠れました。」
And that was why Something/Anything took the shape that it did.
そして、それはなぜSomething/であったか。何でもそれがそうする形で取りました。
You realise that there are certain aspects relating to fame, due to making music, which you just don't want to deal with.
あなたは、名声に関連しているある一定の局面があるとわかります、あなたがただ対処したくない音楽を作るため。
Well, I did anyway.
さて、私はとにかくそうしました。
For me, the celebrity aspects of making music were never as important as the actual work.
私にとって、愛の音楽を合奏する有名人の局面は実仕事ほど決して重要ではありませんでした。
And so I often buried myself in the work, in the studio..."
「そして、したがって、私は仕事、スタジオにしばしば自分を埋葬しました」…


The studio was the place where Rundgren discovered himself.
スタジオは、ラングレンが自分を発見した場所でした。
And he says he realised that he wanted to work as a solo artist more often than being part of a band.
そして、彼は、彼がソロの芸術家としてバンドの一部よりしばしば働きたがっているとわかったと言います。
"You are your own slave-driver as a solo act - that's a good thing, by the way.
「方法によってあなたはソロの行為(良いものである)としてあなた自身の奴隷監督者です。」
The difficult part can be getting the process started."
「難しい部分は過程を開始させることができます。」


And when that process gets difficult, Rundgren has his production work and session work to return to.
そして、その過程が難しくなるとき、ラングレンには戻る彼の生産仕事とセッション仕事があります。
Recording backing vocals for Celine Dion, playing guitar for Meat Loaf - it is all, in a sense, "work", rewarding because it provides money;
--Meat Loafのためにギターを弾いて、セリーヌ・ディオンのためにバックのボーカルを記録して、それはある意味ですべて「仕事」です、お金を提供するので報酬を与えて
rewarding because it leads to ideas explored in future solo work.
考えに通じるので、報酬を与えるのは、これから、ソロ活動について調査しました。


Of his time as one of the people at the helm of Bat Out of Hell, one of the most successful rock albums of all time, Rundgren laughs when he tells me "the best thing about that album was that you had three egos - three huge egos - in me, [Jim] Steinman and Meat".
史上で最もうまくいっているロックアルバムの1つ、HellのBat Outの舵を取っている人々のひとりとしての彼の時間では、「そのアルバムの周りの最も良いものは、あなたには3つの自我(3つの巨大な自我)が私、[ジム]スタインマン、およびMeatにあったということでした」と、彼が私に言うとき、ラングレンは、笑います。
There's the perfect pause, and then, "of course that was also the worst thing about that record - and you can still hear that today - the best and worst".
次に、完全なくぎりと、「もちろん、また、それはその記録の周りの最も悪いものでした、そして、あなたはまだその今日、最もよく、最もひどく聞くことができること」。


"None of us thought it would be a success - it was such a crazy idea, as the record unfolded.
「私たちのだれでも、それが成功でないと思いました--記録が開いたとき、それはそのように気が狂った考えでした。」
I mean, can you believe we just wanted to get it done?
つまり、あなたは、私たちがそれをただ完了させたかったと信じることができますか?
We just wanted to hand it in - to have it finished."
「私たちはただそれを提出したかったです--それを終えさせるために。」


And there Rundgren explains away one of rock's most deliberately over the top rock pantomimes as being, basically, a homework assignment that got out of hand and was finished just before deadline.
そして、そこでは、ラングレンが最も故意に基本的に手に負えなくなって、締め切りのすぐ前に終わった宿題課題であるとしてトップ岩石のパントマイムで岩石について1についてうまく釈明します。


Cue discussion of Meat Loaf as "a huge personality".
「巨大な個性」としてMeat Loafの議論に合図してください。
Cue me mentioning that Meat Loaf yelled at me for about 20 minutes earlier this year when he felt a bit threatened and I hadn't heard his new album even though he knew that.
彼が、少し脅かされると感じたとき、Meat Loafが今年約20分前のために私で叫んで、彼がそれを知りましたが、私が彼の新しいアルバムを聞いていなかったと言及して、私に合図してください。
Cue Rundgren screaming with laughter and saying, "well that's great - it's good to know I am not the only one who has been yelled at by him!"
笑い転げて、「さて、それはすばらしいです--私が、彼によって叫ばれた唯一の人でないことを知るのは、良いです!」と言うラングレンに合図してください。


Then there was XTC's Skylarking;
次に、XTCのSkylarkingがありました。
an album that is often mentioned in discussions of Rundgren's behind-the-scenes work.
ラングレンの舞台裏の仕事の議論でしばしば参照されるアルバム。
スポンサーサイト
【 2010/11/03 23:29 】

todd rundgren  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

コメント

--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
  *  [編集] 【 2011/08/30 08:12 】
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
  *  [編集] 【 2013/01/27 17:52 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。