プロフィール

c.o.i

Author:c.o.i
よろしくお願いします^^。

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

New Adventures in Hi-Fi - R.E.M.

New Adventures in Hi-Fi is the tenth full-length studio album by the American band R.E.M. It was their fifth major label release for Warner Bros.
HiFiにおける新しいAdventuresによるアメリカのバンドR.E.M.Itによる10番目の省略のないスタジオアルバムが彼らの5番目のワーナーブラザースに、主要なラベルリリースであったということです。
Records, released 1996-09-09.
1996年9月9日に発表された記録。
New Adventures in Hi-Fi was the last album recorded with founding member, drummer Bill Berry - who left the band amicably the following year - original manager Jefferson Holt and long-time producer Scott Litt.
HiFiにおける新しいAdventuresは創立会員と共に記録された最後のアルバムでした、ドラム奏者のビル・ベリー(翌年、円満にバンドを出た)--オリジナルのマネージャのジェファーソン・ホルトと長年のプロデューサーのスコット・リット。


Recording
録音

The album was recorded during and after the tour in support of Monster in 1995.
アルバムはツアーと1995年のMonsterを支持したツアーの後に記録されました。
The material on the album mixed the acoustic, country rock, feel of much of Out of Time and Automatic for the People with the rock sound of Monster and Lifes Rich Pageant.
アルバムの材料は音の国の岩石を混ぜて、MonsterとLifesの岩石の音を伴うPeopleのためのTimeとAutomaticのOutの多くの感じはリッシュPageantです。
Guitarist Peter Buck said that the band tried so hard to be a rock band again with Monster, but it just didn't quite work out.[citation needed] They stopped trying, and they ended up putting together their most rock and roll record to date.
ギタリストピーターBuckは、バンドがそれほど一生懸命再びMonsterがあるロックバンドになろうとすると言いましたが、それはただ全く解決したというわけではありません。[必要である引用]彼らが、試みるのを止めて、結局まとめた、それら、これまでロックンロール最も記録的です。
They have cited Neil Young's 1973 album Time Fades Away as a source of inspiration.
彼らは1973年のニール・ヤングのアルバムTime Fades Awayをインスピレーションの源に挙げました。
[citation needed]
[必要である引用]


The band noted that they borrowed the recording process for the album from Radiohead, who recorded some of the basic tracks for The Bends while on tour and who were supporting the band in 1994 and 1995.
バンドは、彼らがアルバムにレディオヘッドから録音の過程を借りたことに注意しました。(レディオヘッドは、Bendsのためにツアーに関していくつかの基本的な道を記録して、1994年と1995年にバンドを支持していました)。
R.E.M. brought along eight-track recorders to capture their live performances, and used the recordings as the base elements for the album.
R.E.M.は、彼らの実演を得るために8道のレコーダーを連れて来て、アルバムに基本要素として録音を使用しました。
As such, the band's touring musicians Nathan December and Scott McCaughey ended up appearing on throughout the album with Andy Carlson contributing violin to "Electrolite."
そういうものとして、バンドのツアーしているミュージシャンネイザン12月、スコット・マコイは結局、アンディ・カールソンが"Electrolite"にバイオリンを寄付していてアルバム中でオンに見えました。
After the tour was over, the band went into the Bad Animals Studio and recorded four additional tracks, "How the West Was Won and Where It Got Us," "E-Bow the Letter," "Be Mine," and "New Test Leper."
ツアーが終わっていた後に、バンドがBad Animals Studioに入って、「西洋は勝たれて、私たちを得た」4つの追加道を記録した、「電子のお辞儀、手紙、」、「私のものになってください」、および「新しいテストハンセン病患者。」
Patti Smith came to the sessions and contributed vocals on "E-Bow the Letter."
パティ・スミスがセッションに来て、ボーカルを寄付した、「電子のお辞儀、手紙、」


Although it reached #2 in the U.S.[1], spending 22 weeks on the charts, and topped the UK Album Charts [2] (20 weeks on chart) as well as #1 on the Australian Charts, New Adventures in Hi-Fi began the band's sales decline in the United States.
22週間をヒットチャートで過ごして、U.S.[1]で#2、に達して、#1と同様にオーストラリアのChartsでイギリスのAlbum Charts[2](図の20週間)を付けましたが、HiFiにおけるNew Adventuresは合衆国でバンドの売れ行き減少を始めました。
The first single "E-Bow the Letter" was cited as an unusual choice for radio.[citation needed] It subsequently received only modest radio airplay in the U.S. and peaked at #49 on the U.S. charts.[3] In the UK, however, the single became the band's biggest hit at that point, reaching #4.[2] As of March 2007, New Adventures in Hi-Fi has sold 994,000 units in the U.S.
最初のシングル、「電子のお辞儀、手紙、」 しかしながら、ラジオ[必要である引用]それのための珍しい選択が次に、米国で穏やかな無線のエアプレイだけを受けて、ピークに達せられて、米国の#49、がイギリスで.[3]を図にして、シングルがその時バンドの最大のヒットになったとき引用されて、2007年3月現在#4.[2]に達するNew Adventuresが米国でHiFiで99万4000個のユニットを販売しました。
[4]


In 2005, Warner Brothers Records issued an expanded two-disc edition of New Adventures in Hi-Fi which includes a CD, a DVD-Audio disc containing a 5.1-channel surround sound mix of the album done by Elliot Scheiner, and the original CD booklet with expanded liner notes.
2005年に、ワーナーブラザースRecordsはCD、Elliot Scheinerによって行われたアルバムの5.1チャンネルの取り囲むもの音のミックス、および拡張ライナーノートがあるオリジナルのCD小冊子を含むDVDオーディオディスクを含んでいるHiFiでNew Adventuresの拡張2ディスクの版を発行しました。



[edit] Critical reception
[編集]批評家の反応

Michael Stipe says that New Adventures in Hi-Fi is his favorite of their albums.[citation needed] According to Peter Buck, when Warner Bros. heard the album that was to take them to the top - Out Of Time - they were dumbfounded:
マイケルStipeは、HiFiにおけるNew Adventuresが彼らのアルバムに関する彼のお気に入りであると言います。唖然としました:
"You think the one with the lead mandolin should be the first single?!" On hearing New Adventures…, he says, the same people proclaimed, "Hey, there's three Top 10 records on here!"
「あなたは、リードマンドリンがある1つが最初のシングルであるべきであると思いますか?」On公聴会New Adventures…、彼は言って、同じ人々は、「ほら、3Top10記録がここにあります!」と宣言しました。
[5]


Critical reaction to the album was mostly positive.
アルバムへの臨界反応はほとんど積極的でした。
Several publications lauded the album for its rich diversity, including Rolling Stone, Q, and Mojo and Stephen Thomas Erlewine from All Music says "in its multifaceted sprawl, they wound up with one of their best records of the '90s."
いくつかの刊行物が豊かな多様性のためにアルバムを賛美して、All Musicからのローリングストーン誌、Q、Mojo、およびスティーブントーマスErlewineを含んでいるのは、「多才スプロール現象では、それらの90年代の最も良い記録の1つで、終わりました。」と言います。
At the same time, however some publications including Melody Maker, criticized the album's empty and flat sound caused by recording in arenas and soundchecks.
しかしながら、同時間、Melody Makerを含むいくつかの刊行物では、アリーナとsoundchecksに記録することによって引き起こされたアルバムの空の、そして、平坦な音は批評されています。



[edit] Track listing
[編集]道のリスト

All songs written by Bill Berry, Peter Buck, Mike Mills and Michael Stipe.
ビル・ベリー、ピーターBuck、マイク・ミルズ、およびマイケルStipeによって書かれたすべての歌。
[6]


"How the West Was Won and Where It Got Us" ? 4:31 Seattle Studio
「西洋はそれが私たちを得たところでどう勝たれました」--4:31シアトルスタジオ

"The Wake-Up Bomb" ? 5:08 Charleston
「航跡上がっている爆弾」--5:08チャールストン

"New Test Leper" ? 5:26 Seattle Studio
「新しいテストハンセン病患者?」 5:26シアトルスタジオ

"Undertow" ? 5:09 Boston
「引き波?」 5:09ボストン

"E-Bow the Letter" ? 5:23 Seattle Studio
「電子のお辞儀の手紙」 5:23シアトル、スタジオ

"Leave" ? 7:18 Atlanta Soundcheck
「休暇?」 7:18アトランタSoundcheck

"Departure" ? 3:28 Detroit
「出発?」 3:28デトロイト

"Bittersweet Me" ? 4:06 Memphis Soundcheck
「ほろにがい私?」 4:06メンフィスSoundcheck

"Be Mine" ? 5:32 Seattle Studio
「私のものになってください」--5:32シアトルスタジオ

"Binky the Doormat" ? 5:01 Phoenix
「Binkyドアマット」--5:01フェニックス

"Zither" ? 2:33 Dressing Room Philadelphia
「チター?」 2:33楽屋フィラデルフィア

"So Fast, So Numb" ? 4:12 Orlando Soundcheck
「したがって、それほど速く、感覚を失わせてください」--4:12オーランドSoundcheck

"Low Desert" ? 3:30 Atlanta Soundcheck
「低い砂漠?」 3:30アトランタSoundcheck

"Electrolite" ? 4:05 Phoenix Soundcheck
"Electrolite?" 4:05フェニックスSoundcheck

Like most R.E.M. albums, the vinyl release has custom side names.
ほとんどのR.E.M.アルバムのように、ビニールリリースには、カスタムサイド名があります。
Side one (tracks 1-6) is called the "Hi side" and side two (tracks 7-14) the "Fi side."
」 側two(道7-14)に面があってください。側1(道1-6)が呼ばれる、「こんにちは、「Fi側。」



[edit] Singles and b-sides
[編集]シングルスとb-サイド

New Adventures consisted of material written during the same sessions and tour as Monster;
新しいAdventuresは同じセッションの間に書かれた材料から成って、Monsterとして旅行します。
consequently, there were few outtakes or left-over tracks for inclusion as b-sides.
その結果、b-サイドとして包含のためのわずかなアウトテークか残りの道がありました。



[edit] "E-Bow the Letter"
[編集]、「電子のお辞儀、手紙、」

"Tricycle" ? 1:59 Recorded during soundcheck at the Riverport Amphitheater, St. Louis, Missouri on September 22, 1995.
「三輪車?」 Riverport Amphitheater、1995年9月22日のセントルイス(ミズーリ)のsoundcheckの間の1:59Recorded。

"Departure" (Rome soundcheck version) ? 3:35 Recorded during soundcheck at the Paleur, Rome, Italy on February 22, 1995.
「出発?」(ローマsoundcheckバージョン) Paleur、1995年2月22日のローマ(イタリア)のsoundcheckの間の3:35Recorded。

"Wall of Death" (Richard Thompson) ? 3:07 Taken from the Richard Thompson tribute album, Beat the Retreat.
「Deathの壁」(リチャード・トンプソン)--リチャード・トンプソン捧げ物アルバム、Beat Retreatからの3:07Taken。


[edit] "Bittersweet Me"
[編集します] 「ほろにがい私」

"Undertow" (Live) ? 5:05 Recorded at the Omni Theater, Atlanta, Georgia on November 18, 1995.
「引き波?」(住んでいる) 5:05は1995年11月18日に全劇場、アトランタ、ジョージアに記録しました。
Taken from the live performance video, Road Movie.
実演ビデオ、Road Movieから、取ります。

"Wichita Lineman" (Jimmy Webb) ? 3:18 Recorded at The Woodlands, Houston, Texas on September 15, 1995.
「ウィッチタの架線工事夫?」(ジミー・ウェブ) 3:18は1995年9月15日にウッドランド一家、ヒューストン(テキサス)に記録しました。

"New Test Leper" (Live acoustic) ? 5:29 Recorded at Bad Animals Studio, Seattle, Washington;
「新しいTest Leper」、(ライブである、音、)、--Bad Animals Studio、シアトルワシントンの5:29Recorded。
April 19, 1996.
1996年4月19日。


[edit] "Electrolite"
[編集]"Electrolite"

"The Wake-Up Bomb" (Live) ? 5:07 Recorded at the Omni Theater, Atlanta, Georgia on November 18, 1995.
「航跡上がっている爆弾」(住んでいる)--5:07は1995年11月18日に全劇場、アトランタ、ジョージアに記録しました。
Taken from the live performance video, Road Movie.
実演ビデオ、Road Movieから、取ります。

"Binky the Doormat" (Live) ? 5:01 Recorded at the Omni Theater, Atlanta, Georgia on November 18, 1995.
「Binkyドアマット」(住んでいる)--5:01は1995年11月18日に全劇場、アトランタ、ジョージアに記録しました。
Taken from the live performance video, Road Movie.
実演ビデオ、Road Movieから、取ります。

"King of Comedy" (808 State remix) ? 5:36
「キング・オブ・コメディ?」(808州リミックス) 5:36


[edit] "How the West Was Won and Where It Got Us"
「西洋は勝たれて、私たちを得た」[編集]

"Love Is All Around" (Reg Presley) ? 3:04 Previously released on the 1996 soundtrack for I Shot Andy Warhol.
「Is All Aroundを愛す」(レッジ・プレスリー)--I Shotアンディ・ウォーホルのために1996年のサウンドトラックでリリースされた3:04Previously。

"Sponge" (Vic Chesnutt) ? 4:08 Previously released on the Chesnutt benefit album Sweet Relief II in 1996.
「スポンジ?」(ヴィク・チェスナット) 4:08Previouslyは1996年にチェスナット利益アルバムでスウィート・リリーフIIをリリースしました。

"Be Mine" (Mike on the Bus Version) - 4:54
「私のものになる」(バスバージョンのマイク)--4:54

"Revolution" was also released from these sessions - initially on the Batman & Robin and later on disc two of In Time:
また、「革命」が初めはバットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲と後でこれらのセッションからリリースされた、In Timeのディスクtwo:
The Best of R.E.M. 1988-2003.
最善のR.E.M.1988-2003。



[edit] Other singles
[編集します] 他のシングルス

"New Test Leper" and "The Wake-Up Bomb" were released as promotional singles for the album;
「新しいTest Leper」と「航跡上がっている爆弾」はアルバムのための宣伝のシングルスとしてリリースされました。
the former had a music video directed by Lance Bangs and Dominic DeJoseph.
前者で、ランス・バングズとドミニクDeJosephはミュージックビデオを指示しました。
All five videos from the album would later be collected on In View:
アルバムからのすべての5個のビデオが後でIn Viewに集められるでしょう:
The Best of R.E.M. 1988-2003.
最善のR.E.M.1988-2003。


The R.E.M. fan club releases a single every Christmastime, with two singles recorded during these sessions:
2人のシングルスがこれらのセッションの間、記録されている状態で、R.E.M.ファンクラブはいつもクリスマス季節のときにシングルをリリースします:
1996's "Only in America" (originally by Jay & The Americans)/"I Will Survive" (a Gloria Gaynor cover) and 1997's R.E.M. original "Live for Today" was backed with Pearl Jam's "Happy When I'm Crying".
「IウィルSurvive」(グロリアゲイナーカバー)と1997年のオリジナルのR.E.M.ものが「今日、生きがいとする」「アメリカだけ」(元々ジェイとアメリカ人による)1996年代の/は「私が泣いていると、幸福な」パール・ジャムのもので支持されました。



[edit] Personnel
[編集]人員

"How the West Was Won and Where It Got Us"
「西洋はそれが私たちを得たところでどう勝たれたか」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums, percussion, "ennio whistle"
ドラムス、衝撃、「ennioホイッスル」
[7]

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar, bass guitar, bouzouki, mandolin
ギター、バスギター、ブズーキ、マンドリン

Mike Mills - Backing vocals, piano, synthesizer
マイク・ミルズ--バックのボーカル、ピアノ、シンセサイザ

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals, synthesizer
ボーカル、シンセサイザ

"The Wake-Up Bomb"
「航跡上がっている爆弾」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ
バスギター、バックのボーカル、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"New Test Leper"
「新しいテストハンセン病患者」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ
バスギター、バックのボーカル、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Undertow"
「引き波」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals
バスギター、バックのボーカル

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"E-Bow the Letter"
「電子のお辞儀、手紙、」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
E-Bow guitar, electric sitar
電子Bowギター、電気シタール

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ, Moog synthesizer, Mellotron
バスギター、バックのボーカル、器官、モークシンセサイザ、Mellotron

Patti Smith ?
パティ・スミス?
Vocals
ボーカル

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Leave"
「いなくなってください」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion, acoustic guitar, synthesizer
打楽器、パーカッション、アコースティック・ギター、シンセサイザ

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
ARP Odyssey
ARPオデュッセイア

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, keyboards
バスギター、キーボード

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Departure"
「出発」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Fuzz bass, backing vocals, Farfisa organ
むく毛バス、バックのボーカル、Farfisa器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Bittersweet Me"
「ほろにがい私」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Piano
ピアノ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, organ, Mellotron
バスギター、器官、Mellotron

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Be Mine"
「私のものになってください」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Bass guitar
バスギター

Mike Mills ?
マイク工場?
Guitar, backing vocals, keyboards
ギター(バックのボーカル)はキーボードを操作します。

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Binky the Doormat"
「Binkyドアマット」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion, backing vocals
打楽器、パーカッション、バックのボーカル

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Farfisa organ
Farfisa器官

Mike Mills ?
マイク工場?
Fuzz bass, backing vocals, keyboards
むく毛バス(バックのボーカル)はキーボードを操作します。

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Zither"
「チター」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Bass guitar
バスギター

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Tambourine
タンバリン

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Autoharp
オートハープ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, organ
バスギター、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Count in
中で数えてください。

"So Fast, So Numb"
「したがって、それほど速く、感覚を失わせてください」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Piano
ピアノ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, backing vocals, organ
バスギター、バックのボーカル、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Low Desert"
「低い砂漠」

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drums and percussion
打楽器、パーカッション

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Guitar
ギター

Nathan December ?
ネイザン12月?
Slide guitar
スライドギター

Scott McCaughey ?
スコット・マコイ?
Piano
ピアノ

Mike Mills ?
マイク工場?
Bass guitar, organ
バスギター、器官

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル

"Electrolite"

Bill Berry ?
ビル・ベリー?
Drum kit, percussion
ドラム・セット、衝撃

Peter Buck ?
ピーターBuck?
Banjo
バンジョー

Andy Carlson ?
アンディ・カールソン?
Violin
バイオリン

Nathan December ?
ネイザン12月?
Guiro

Mike Mills ?
マイク工場?
Piano
ピアノ

Michael Stipe ?
マイケルStipe?
Vocals
ボーカル


[edit] Technical crew
[編集します] 技術乗組員

William Field ? assistant engineer, Athens
ウィリアムField?技手、アテネ

Sam Hofstedt ? assistant engineer, Seattle
サムHofstedt?シアトルの技手

Victor Janacua ? assistant engineer, Los Angeles
ビクタJanacua?ロサンゼルスの技手

Adam Kasper ? recording engineer, Seattle
シアトルの技術者を記録するアダム・キャスパー?

John Keane ? recording and mixing engineer
技術者を記録して、混ぜているJohn Keane?

Scott Litt ? mixing engineer
技術者を混ぜているスコット・リット?

Bob Ludwig/Gateway Mastering ? mastering
ボブラドウィグ/Gateway Mastering?習得

Pat McCarthy ? recording engineer, Los Angeles
ロサンゼルスの技術者を記録して、マッカーシー?軽くたたいてください。

Mark "Microwave" Mytrowitz ? technical assistance
マーク「電子レンジ」Mytrowitz?技術支援

Joe O'Herlihy ? tour recording engineer
ジョー・オハーリー?ツアー録音技術者

Jo Ravitch ? tour recording engineer
ジョウRavitch?ツアー録音技術者

Eric Stolz ? digital editing
エリック・シュトルツ?デジタル編集

Jeff Wooding ? tour recording engineer
ジェフ・ウッディング?ツアー録音技術者


[edit] Charts
[編集]図


[edit] Album
[編集]アルバム

Year Chart Position
年の図の位置

1996 Billboard 200 2
1996年のビルボード200 2

1996 UK Albums Chart 1
1996年のイギリスのアルバム・チャート1

1996 ARIA Albums Chart 1
1996年のアリアアルバム・チャート1



[edit] Singles
[編集]シングルス

Year Single Chart Position
年の単一の図の位置

1996 "E-Bow the Letter" Billboard Modern Rock Tracks 2
1996、「電子のお辞儀、」 ビルボードモダンロックが追跡する手紙、2

1996 "E-Bow the Letter" Billboard Mainstream Rock Tracks 15
1996、「電子のお辞儀、」 ビルボードメインストリーム・ロックが追跡する手紙、15

1996 "E-Bow the Letter" Billboard Hot 100 49
1996、「電子のお辞儀、手紙、」 ビルボードホット 100 49

1996 "E-Bow the Letter" ARIA Singles Chart 23
1996、「電子のお辞儀、手紙、」 アリアシングル・チャート23

1996 "Bittersweet Me" Billboard Modern Rock Tracks 6
1996 「ほろにがい私」というビルボードモダンロックのトラックス6

1996 "Bittersweet Me" Billboard Mainstream Rock Tracks 7
1996 「ほろにがい私」というビルボードメインストリーム・ロックトラックス7

1996 "Bittersweet Me" Billboard Top 40 Mainstream 28
「ほろにがい私」という1996年のビルボード最高40の主流の28

1996 "Bittersweet Me" Billboard Hot 100 46
1996の「ほろにがい私」ビルボードホット 100 46

1997 "Electrolite" Billboard Hot 100 96
1997の"Electrolite"ビルボードホット 100 96

1997 "The Wake-Up Bomb" Billboard Mainstream Rock Tracks 30
1997 「航跡上がっている爆弾」ビルボードメインストリーム・ロックトラックス30
スポンサーサイト
【 2008/10/24 08:16 】

R.E.M.  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

コメント

--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
  *  [編集] 【 2008/10/26 15:35 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。